FICS

基本情報

執行代 2年生
メンバー構成 1/2年生
参加学年 1/2年生
選考 なし
部費 なし
兼サー あり
活動頻度 集まりは週1木曜日@駒場

概要

東大とソウル大による国際系の学生団体。2012年冬に川人ゼミの有志がソウル大を訪問したのをきっかけに交流の継続を図って設立された。

日韓関係を学生の立場から改善するプラットフォームづくりが理念。夏休みと冬休みに、10日間の合宿(ソウルに5日間・日本に5日間)を開き、学術交流や文化交流を行う。学術交流では、決めたテーマ(社会・政治など)ごとにプレゼンを行い、ディスカッション等も行う。文化交流では、各都市をガイドしたり食事を一緒に作ったり文化体験(屋形船など )をしたりなどする。毎合宿ごとに新しいアクティビティが企画される。

メンバー構成

人数
・合計で10~12人。(宿泊施設のキャパの問題)
・春新歓では10人くらい加入、秋新歓では少数。

学年
・1、2年生で構成されている。

属性
・文系が多め。
・理系のメンバーも大歓迎。
・兼サーはほぼ100%している。
・代表副代表等の幹部でも、兼サーは可能。
・運動会や東大オケも在籍。
・その他所属サークルは多様。

活動頻度

・集まりは週1木曜日@駒場。
・Slack上でのやり取りはそれ以外の日にもアリ。

募集

春新歓・秋新歓ともに行う。

ビラ・Facebook等SNSに記載の応募フォームからES提出(英語)。ES選考通過者にはメールで通知。その後面接選考を行い、4月末に合格通知。5月初のキックオフMTGでスタート。(秋は11月中に選考活動)

※サーオリや国際系合同新歓は参加。

募集対象:1&2年生

実際に入会する人:1年生が多い。

年間予定

4月:春新歓
5月:キックオフMTG(1年生の部署決め)
5月~7月:夏の合宿(セッション)の準備
8月:合宿(セッション)&引継ぎ
9月:秋新歓
10月:キックオフMTG(新メンバー部署決め)
10月~1月:春の合宿(セッション)の準備
2月:合宿(セッション)
3月:春新歓準備
3月:OBOG会

内部のホンネ

○魅力

・ソウル大との交流だが、韓国語を話す必要がない。英語が公用語。
・国際交流にかかる費用が安い。
・兼サー可能。
・10日間の共同生活を行うので、ソウル大生と仲良くなりやすい。
・半年で期が入れ替わるので、気軽に始めやすい。
・他の国際系サークルに比べてのゆるさ。
・日韓という盛り上がる話題についてソウル大の学生の視点を聞ける。



△大変なところ

・文化の違いがあったときに困惑する人も。
・共同生活においての苦労。

新歓日程詳細

コロナウイルスの影響により、全イベントが中止になると思われます。