UT-BASE紹介記事をnoteで公開しました!詳しくは こちら

TSCP学生委員会

サステイナビリティ

SDGs

省エネルギー

基本情報

執行代

学年関係なく、2年目以上の学生が執行代を務める

人数

15名程度

参加学年

学部生+院生

選考情報

なし

年会費

なし

活動頻度

月1回程度、オンラインでミーティングを行う

Twitter

https://twitter.com/TSCP_students

Facebook

https://www.facebook.com/tscpgakusei/

公式サイト

https://utsustainability.wixsite.com/utsustainability

公式メアド ut.sustainability.tscp[a]gmail.com
([a]を@にしてメールを送信してください)

活動の様子




概要

■理念/指針・沿革


東京大学では、TSCP室(現:施設部施設企画課TSCPチーム)が2008年に設立され、TSCP(東京大学サステイナブルキャンパスプロジェクト)、つまり温室効果ガス排出削減による低炭素キャンパスづくりに向けた様々な施策に取り組んできた。しかし、真のサステイナブルキャンパスの達成のためには、キャンパスの最大の利用者である学生の参画が必要という考え方に至り、2015年7月に、TSCP学生委員会(UTokyo Sustainability)がTSCPチームの下に設立された。以降、「学生の視点」を取り入れてTSCPを推進するべく、TSCPチームと連携しながらサスティナブルキャンパス活動をしている。
 

■活動内容

TSCP学生委員会では、「東京大学をサステイナブルなキャンパスにする」というビジョンを実現するために主に以下の3つの活動をしている。
活動①:省エネの推進
サステイナブルなキャンパスを実現するうえで、大学内の消費エネルギーを削減し、二酸化炭素の排出量を削減することが重要である。そこで私たちは、大学の研究・教育活動と両立させた省エネルギーに取り組んでいる。特に、学生が利用に関わる部分でのエネルギー消費のムダ削減に取り組んでいる。

活動②:サステイナビリティ意識の啓発
キャンパスの利用者である学生の意識を変えることは、サステイナブルキャンパスの実現に向けて大きな力になる。そのため、学生のサステイナビリティ意識を向上させる取り組みを行っている。現在は主に、SDGsを活用した取り組みを実施している​。

活動③:共に学び考える機会の提供
キャンパスの利用者である学生と共に、キャンパスのサステイナビリティについて学び考えることは、サステイナブルキャンパスの実現するうえで重要である。そこで私たちは、学生の参加が可能なプログラムや様々なイベントを開催し、共にサステイナブルキャンパスの在り方について考える機会を提供している。
 
《ビフォーコロナ》

月1回程度ミーティングをしている。
省エネの推進のため、「SHUT the SASH」という取り組みを行っている。「SHUT the SASH」とは、ドラフトチャンバーの電力の無駄を小さくすることを目指し、必要がないときにドラフトチャンバーを閉めることを呼びかける取り組みである。ドラフトチャンバーとは、化学等の実験で有害物質が漏れないように囲い込んで吸引する設備である。

サステイナビリティ意識の啓発のため、2020年度に、東大生のSDGs意識調査を実施した。現在は、SDGs意識調査の結果の周知のため、調査ポスターのエレベーター等への掲示を進めている。また、「SHUT the SASH」の取り組みの認知度を向上させるため、研究室対抗の消費電力コンテストの開催、キャンパス内電力消費量の調査と可視化をしていく。

東京大学の学部生を対象にした「体験活動プログラム」として、毎年、「TSCP学生委員会による本学低炭素キャンパス活動」というプログラムを提供している。このプログラムに応募して参加が決まった場合、プログラム生として、その興味に応じてテーマを決めたうえで、TSCP学生委員会とともに、活動に取り組むことができる。また、「スリランカでSDGsフィールドワーク体験」という海外体験活動プログラムの企画にも協力させて頂いている。
 

《アフターコロナ》
コロナ禍を経て、オンラインで海外大学との交流を行うことができるようになった。
オフラインでなされていたミーティングはオンライン化された。

 

■OBOGの進路/活動 

環境省、ゼネコンの設備設計など。学部学科もバラバラなので、直接的には環境にあまり関係ない人の方が多め。

メンバー構成

人数
15名程度
 
学年
学部3年から修士2年まで幅広い学年のメンバーがいる
 
男女比
1:1
 
加入時期
4,5月頃の入会が半数程度だが、1年を通して随時参加する。
 
属性
・環境問題に興味があるメンバーが多い
・学部と学年は様々である
 
離脱率
活動が月1回とあまり多くないためか、ほとんど離脱者はいない。毎年1人くらいフェードアウトし、活動から離脱する。

組織体制

執行代
現在は委員長2人体制。学年関係なく、2年目以上の学生が執行代を務める。

 

体制
3班ほどに分かれて、それぞれ、SHUT the SASH、SDGs意識調査、広報に取り組む。

活動頻度

通常活動
月1回程度ミーティングをする。ミーティングの日程は、できるだけ 多くのメンバーが参加できるように毎回調整する。ミーティングでは、施策とその方向性を話し合い、役割分担をする。
 
コンテスト/イベント前後の期間
ポスター等の展示物作成や電力消費量データ分析などを割り振って進めていく。

年間予定

4月頃:新歓イベント
7月〜1月頃 :体験活動プログラム
12月頃:エコプロ
3月頃:他大学出張

募集情報

選考なし

 

募集対象
東大生
 
実際に入会する人
・環境問題に興味があるメンバーが多い
・学部と学年は様々である
 
入会手続き内容
定例ミーティングに参加の後、正式に入会の判断・手続きを行う。メールアドレスへの連絡歓迎。

内部のホンネ

○魅力

・キャンパスの低炭素化に取り組んでいる施設部施設企画課TSCPチームと連携できる。
・大学が所有するデータを使用できる。
・取り組みを全学的に展開できる。
・実効性の高い活動を実施できる。



△大変なところ

・人数が少ない。
・マンパワー不足になってしまうことがある。
・活動の頻度が少ない。
・活動以外で個人的に会うほど仲良くなったりすることはなかなかない。
・会議の雰囲気は堅い。

新歓日程詳細

定例ミーティングに参加のこと。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

1. 公式LINE にてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!

2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

記事内容修正依頼

この記事をシェア

関連カテゴリー

キャリア・大学生活

活動の過程で、キャリアについて考える機会が多い団体。

自然科学(生物・理工・医・薬)

自然科学に魅力を感じ、それらへの理解を深めていく団体。

関連記事

en-courage東大支部

日本最大級のキャリア教育支援NPO法人「en-courage」の東大支部。

宇野ゼミ(問題解決のための思考法)

ケース教材やゲスト講義を通じてディスカッションする1,2年生向けのゼミ。

東大ドリームネット

東大OBOG会と協力して東大生向けのイベントを企画する学生団体。

Musubi

「今ここの高揚感から物語を始める」をテーマに、コーチングを共に学び、共に実践していく学生コミュニティ

その他

学生団体・サークル紹介

団体理念、活動内容の側面で厳選した109団体の質の高い情報を掲載中。

ゼミ紹介

1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

学部/学科紹介

内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、95学科の情報を掲載中。

プログラム/施設紹介

学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

記事

第二外国語紹介をはじめとして、TLP、FLYプログラムなど多岐にわたる情報を掲載。

公式note

サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。