JNSA基金

大会運営

英語

スピーチコンテスト

4年間在籍

選考あり

1~4年

基本情報

執行代

3年生が運営の中枢を担う

人数

各学年15名程度で4学年

参加学年

1~4年

選考

あり

活動頻度

定例会が月に一回

公式Twitter

https://twitter.com/jnsafund?s=20

公式サイト

https://jnsafund.org/jnsa

概要

JNSA基金とは、「国際性豊かな青少年の育成」を掲げて1946年に設立された学生団体。名誉総裁に高円宮妃殿下をお迎えした英語弁論大会は毎年11月に開催され、今年で72回目となる。名実ともに日本最大のスピーチコンテストとなっています。その他にも、夏休みに地方の中学校に赴き英語の楽しさを伝える活動を行ったり、留学生との交流イベントを開催したりしている。

メンバー構成

・各学年15名程度で4学年
・入会試験受験資格は新一年生のみ
・東京近郊の大学に通う大学生が所属(青山学院大学、お茶の水女子大学、慶應義塾大学、国際基督教大学、埼玉大学、首都大学東京、上智大学、聖心女子大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東京女子大学、明治大学、横浜市立大学、立教大学、早稲田大学)
 
・男女比は1:1程度。やや女子の方が多い。
・この団体を課外活動の中心としている人が多い。
・しかし、部活やその他活動にも精力的に取り組んでいる本部委員も多い。留学する人も毎年数名いる。

活動頻度

定例会が月に一回ある。
また、年間行事というものがありそれらは参加が必須となっている。
※7月のエッセイコンテスト、8月の英語キャンペーン、10月の高円宮杯東京都予選大会、11月末の高円宮杯中央大会など。
 
学年が上がっていくと、仕事をするために読売新聞東京本社に来る頻度も高くなる。

募集

1年生のみ募集。
 
入会手続概要
 
入会試験あり、定員あり
4月末に一次試験、5月頭に二次試験あり。
一次試験は教養試験、英語試験、グループワーク。二次試験では面接。2020年はオンラインで行う。

年間予定

5月 入会、役員就任式(本基金の総会)
6月 JUSCO Opening Ceremony/Students Congress(国際交流)
7月 エッセイコンテスト(団体内のスピーチコンテスト)
8月 英語キャンペーン(地方の中学校訪問)
10月 高円宮杯東京都予選大会
11月末 高円宮杯全日本中学校英語弁論大会
12月 大会事後作業
1月 次年度運営委員選挙

内部のホンネ

○魅力

・学生団体として動かす大会の規模は比較しても大きい。
・党基金理事長を含めた大人とのやり取りも多く、社会に出るまでに学ぶことが多い。
・様々な大学の友達ができる。
・本部委員間の強い結びつき。v



△大変なところ

・責任の大きさ。
・時期によっては時間を多めに割かなければいけなくなる。

新歓日程詳細

春のみ、入会説明会をオンラインで行う。
以下のフォームより入会説明会の申し込みが可能。
 
※日時
3月31日14時~、16時~、17時~、20時~、21時~
4月5日16時~、17時~、20時~
4月8日16時~、21時~
4月15日 20時〜
4月20日 20時〜

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQ
LSdIhPFnaqGgjy4d1ho5hnsFPgLdqf4Lhet
AW06Yw4s2uAxwWw/viewform

 このサークルをシェアする

その他記事

関連カテゴリー