Carpe Diem(旧"東龍門")

教育

メディア

出版

ビジネス

受験

教育格差

選考あり

1~4年

基本情報

執行代

執行代のような概念はない

人数

新4年生4名、新3年生2名、新2年生5名

参加学年

1~4年

選考

あり

活動頻度

週に1回ミーティング

公式Twitter

https://twitter.com/_dragonzakura_

概要

リアルドラゴン桜:スタディサプリを運営する株式会社リクルートと提携し、全国5つの高校で教育支援を行なっている。
スマホ学園:コロナウイルスに伴う小中学校の閉校期間に、東大生がオンラインで授業を行うYouTubeチャンネル。授業は団体に所属している東大生のほか、団体には所属していないがプロジェクトに関心のある東大生が主に担当しており、こんな時期だからこそ普段の学校では学べないような学びを提供することをモットーに活動している。
そのほかにも、東大関連書籍の出版活動、東大本試験回答速報の作成などさまざまな取り組みを行なっている。

メンバー構成

新4年生4名
新3年生2名
新2年生5名
 
兼サー関連情報
ほぼ全員が兼サー等をしている。
川人ゼミ出身者が比較的多いが、スポ愛や運動会所属者も在籍している。
 
執行代関連情報
慣行として年長者が意思決定を行う傾向はあるものの、執行代のような概念はない。

活動頻度

・週に1回ミーティングがあり、各自の活動を全体に共有・相談する。
・またLINEにて毎日活発な議論を行っている。

募集

全学年に入会の門戸を広げている。
2年生、3年生からの入会者も多い。
 
入学手続き概要
(例年)公開勉強会※の次の日までにES提出
→ESで一次選考
→面接で二次選考
→4月中には合格通知
 
※団体説明会を公開勉強会と呼ぶ。TNK出身起業家を呼び、講演会を開催(4月1~2週に数回ほど公開勉強会)。

年間予定

各プロジェクトごとにスケジュールが異なるので、団体としての年間スケジュールは不明確。

内部のホンネ

○魅力

・かなりアナーキーな組織ゆえ、教育の領域で主張したいメッセージが明確にある人にとってはやりたいことを好きなだけ実現できる環境である。そうでない人にとっても様々な機会が提供されるので、教育について考える格好の場になる。
・経歴が変わっているメンバーが多い。「偏差値35から2浪で東大合格」をウリに本を書いている人、5浪の末理科3類に合格した人、東大模試全国1位、入学後すぐに大学のプログラムで1年間ガーナに留学していた人など…。
・団体としていくつかメディアを保持していることに加え、出版社や大手マスメディアとの接点が多く、自身の活動を世間にアピールすることができる。



△大変なところ

・各自がやりたいことを自由に進めるため、取り組みの推進が突貫工事になり細かい調整がおざなりになりがち。
・自主性を重んじるので、積極的に行動しないと漫然と時間を浪費する可能性がある。
・価値観が異なるメンバーが多いので、全員の主張を尊重するわけにもいかない局面が生じることもある。

新歓日程詳細

未定

 このサークルをシェアする

その他記事

関連カテゴリー