J-FUNユース

基本情報

執行代 1,2年生が中心
メンバー構成 15名程度
参加学年 全学年
選考 なし
部費 なし
兼サー あり
活動頻度 毎週土曜日に早稲田奉仕園にて難民2世の子供たちの学習教室

概要

・団体紹介
J-FUNユース(旧UNHCRユース)はJ-FUN(日本UNHCR・NGO評議会)のユース組織として2007年に設立された学生団体。
「スーツ」を着ている国連、政府機関の職員や「作業着」を着て最前線で働く人たちだけではなく、「普段着」の我々にもできることがあるという思いを持ち、「普段着の難民支援」を目標として学生だからこそできる難民支援を行なう。

・活動紹介
学習教室
毎週土曜日夕方、難民2世の子供たちの学習教室を実施。日本語が母語でない保護者の代わりに小学生〜高校生の子供たちの宿題などをサポート。
時事deなんみん
週2回、FacebookとTwitterを通して難民に関するニュースを発信。
RASC (Refugee Aid Study Club)
月1回程度の難民に関する勉強会。他団体の学生も含め、発表やディスカッションを行う。
出張授業
年1回、都立高校にて難民をテーマに出張授業を実施。
世界難民の日イベント
世界難民の日(6/20)を記念したイベントを主催。専門家や当事者によるパネルディスカッション、難民の故郷のダンス・音楽ショーなどを実施予定。※コロナウイルスの影響により、今年は中止が決定。

メンバー構成

人数:
・15名程度

学年:
・学部1年生~4年生

属性:
・男女比2:8程度。インカレ。東京大学、早稲田大学、東京外国語大学から複数人。その他様々な大学に所属する難民問題、国際協力に関心のある学生が所属。

活動頻度

・毎週土曜日に早稲田奉仕園にて難民2世の子供たちの学習教室を実施。
・週2回、Facebook及びTwitter上で難民に関するニュースを発信。
・月1回程度、難民に関する勉強会を実施。

募集

全学年入会可能。
1年生から加入するメンバーが多いが、時期はバラバラ。高校生時から加入しているメンバーも。

入会手続詳細:
選考無
興味を持ってくださった方はjimukyoku_jfunyouth@yahoo.co.jpまでご連絡ください!

年間予定

4月:難民に関する学生同士の勉強会(RASC)
5月:難民に関する学生同士の勉強会(RASC)
6月:世界難民の日のイベント(WRD, World Refugee Day)
7月:難民に関する学生同士の勉強会(RASC)
8月:難民に関する学生同士の勉強会(RASC)、学習教室の子供達と遠足
9月:高校への出張授業
10月:難民に関する学生同士の勉強会(RASC)
11月:難民に関する学生同士の勉強会(RASC)
12月:難民に関する学生同士の勉強会(RASC)、学習教室の子供達とクリスマスパーティー
1月:難民に関する学生同士の勉強会(RASC)
2月:難民に関する学生同士の勉強会(RASC)
3月:難民に関する学生同士の勉強会(RASC)

内部のホンネ

○魅力

・難民の方と実際に関わる機会が持てる
・多様なバックグラウンドを持つ学生が難民問題という一つのカテゴリーに関心を持って集まっているため、視野が広がる楽しさがある
・勉強会やイベントを通して、他団体の学生や幅広いキャリアを持つ社会人と出会える



△大変なところ

・難民の方と実際に関わったり、大規模なイベントの運営を行うこともあり、一人一人に責任が生じる。

新歓日程詳細

未定