宇野ゼミ(Aセメスター)

人生設計

キャリア設計

ゲスト講義

ディスカッション

多様性

ゼミ

基本情報

執行代

Sセメスター在籍者有志が運営の中心(Sセメ非正規メンバーやAセメからの加入者で積極的に運営に関わる学生も)

人数

80名程度(Sセメ受講者+Aセメからの受講者)

参加学年

1・2年のみ

選考

あり

活動頻度

週1回のゲスト講義。興味のあるゲスト講義会に参加、Slackにて出欠確認を行うのが一般的。

概要

大和総研に勤める宇野健司先生を社会人講師に迎えて、1,2年生を対象に開かれる自主ゼミ。今年で5年目。
毎授業ごとに、運営側が招聘したゲストの講演会&質疑応答が行われる。講義後は、KOMADにて食事会が行われることが多い。(2020年度はオンライン開催なので、オフライン食事会は開催されない見込み)

テーマは、ゼミ在籍者が興味のある分野ごとに設定される。昨年は、「外資コンサル」「商社」「広告」「日銀」「中央官庁」「ベンチャー」「女性のキャリア」「地方創生」などなど。テーマごとに班に分かれ、ゲスト招聘や当日運営などを通してゲスト講義全体を企画する(一人が複数班を兼任することも多い)。

例年、Sセメスターで宇野ゼミを受講したメンバーが運営側に回り、Sセメスターにて聴講した(非正規)メンバーやAセメスターから加入したメンバーとともにゲスト講演会を企画する。なお、2020年度はオンライン開催となるほか、例年Sセメスターで行われる「問題解決の思考法」に近い講義も別時間割で行われる。

メンバー構成

人数 80名程度
学年 昨年は60名程度が2年生、20名程度が1年生
属性
・男女比=7:3。
・文一二が多いが、文三、理系も各々複数名在籍。
・(元)学生団体代表幹部が多い。

活動頻度

週1回のゲスト講義。
興味のあるゲスト講義会に参加する。
Slackにて出欠確認がなされる。

募集

前期課程(1,2年生)を募集。

例年は2年生の在籍者が多いが、1年生も在籍。

選考無し。
(通年は)加入希望者はいつでも参加可能。
講義参加者の多寡に応じて、入会制限が設けられることも。

年間予定

・Aセメスター
自主ゼミとなり単位はつかず、選考は無い。
運営側の学生が招いたゲスト講師による講義&質疑応答となる。

・Sセメスター
本ページの説明とは全く異なる形式。( https://ut-base.info/circles/12) )
4月の第一回講義で選考。
第二回講義以降は毎週ケースを扱うが、途中一回のみ、自分自身の人生設計を考える講義が挟まれる。

内部のホンネ

○魅力

・先生と学生の距離が近い。
・横の繋がりが強い(⇔縦の繋がりが少ない)ので、伝統に縛られず団体運営が可能。
・ふだんに比べて多様性が担保された環境に身を置き、視野が広がりやすい。
・学生親身に相談に乗れる、社会人としてバリバリキャリア積まれている宇野先生の存在。
・ゼミが終わっても続くいい出会いが沢山ある(一緒にビジコンに参加する等々)。
・ケースや先生の講義を通じて、各業界の実情に近い所が知れる。
・(通年の場合)KOMADでは、宇野先生のご厚意で無料の食事会が行われる。



△大変なところ

・宇野先生が大和総研の方というのもあり、官僚より民間を好む風潮がある。
・就活の話題になりがちである。
・選考が無いので、学生の多様性やコミットの度合いは(Sセメと比して)劣る。

新歓日程詳細

最新情報はまだ更新されていません。
記事内容修正依頼

このサークルをシェア

関連カテゴリー

経済系

ファイナンスやその他ビジネスの分野を座学で学ぶ、またビジコンや起業など、実践に移す団体。

キャリア形成系

活動の過程で、キャリアについて考える機会が多い団体。

前期教養学部ゼミ

前期教養学部に所属する学生が参加できるゼミ。

その他

学生団体・サークル紹介

団体理念、活動内容の側面で厳選した115団体の質の高い情報を掲載中。

ゼミ紹介

1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

学部/学科紹介

内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、50学科の情報を掲載中。

プログラム/施設紹介

学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

公式note

サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。