UT-BASE紹介記事をnoteで公開しました!詳しくは こちら

工学部
システム創成学科A(E&E)

基本情報

人数

40名程度

男女比

男:女=19:1程度

要求/要望科目

なし

就活or院進

院:就職 = 4:1
(参考) システム創成学科の過去3年の就職先と進学先

公式サイト

https://www.si.t.u-tokyo.ac.jp/course/ee/

学科概要

■システム創成学科共通の特徴

・工学部システム創成学科(略して「シス創」)はA~Cの3部門に分かれている。社会系、物理系、情報系の授業がバランスよく存在している。
・限定選択(※)に経済学や経営学を扱う授業があるように工学部の中でも文系寄りで、扱う内容の幅も広い。一般的に第一ターム(S1/A1)に開講科目が固まっていることが多く、2,3回の欠席で落単してしまう科目もあるので要注意。
・2Aから4Sにかけて、似通ったテーマを持つ人で少人数グループを作り、調査、プレゼン、ディベート等を行う実践学習形式の授業がある(通称:〇〇プロジェクト)。グループはセメスターごと(orタームごと)に再編される。テーマは、プログラミングによるシミュレーションなど。次第に各コースごとに専門性が高まっていき、全コース合同のプロジェクトは2年次のA2タームだけである。

※ 限定選択:工学部一般に用いられる用語。選択必修のこと。


■Aコースの特徴

・工学とプログラミングの学習をベースに、メインテーマのエネルギー、環境問題(※)について、政策面や技術面などから多角的に考える。

※ コース名の末尾に付されるE&Eとは、Energy & Environmentの頭文字である。


■当コースの諸制度

・卒業に必要な履修単位数は90単位。うち必修科目が20単位(プロジェクト系授業10単位+卒論10単位)、限定選択科目が40単位以上、インターンシップ(詳細はページ末尾”特別な制度”に記載)が1単位となっている。
・限定選択科目は、基礎的な工学、数学、情報学を扱う基礎科目と、エネルギー工学や資源に関する政策を扱う領域科目に分けられる。
・生徒4人に対しメンター1人がつき、キャリアパスなどについて相談できる。


■時間割

2年生Aセメスター
※注意:ページ内の汎用にもあるが、当学科全コース科目は黄色のハイライトと共に「創成」、Aコース科目は「E&E」、Bコース科目は「SDM」、Cコース科目は「PSE」と記載されている。

3, 4年生
※注意:必修科目、限定選択科目、その他がまとめて書いてある。そのため、各セメスター紹介でも一部紹介するとはいえ、原則として詳細はシラバスや学科便覧で確認すること。


■進振りの時に気を付けること

・第一段階は工学部の一般的な学科コースと同様、工学部平均を用いて進学振り分けがなされるが、第二段階は要注意。第二段階では、工学部平均と単位数を掛け合わせた値を基準に進学振り分けを行う。そのため、平均が少し低くても単位数を多く取る方が優位になる。
★「システム創成学科 第二段階指定平均点」=「工学部指定平均点」× 取得単位数(上限90単位) (2020年度の場合。次年度以降変わる可能性あり。)


■進学後の内実は?

・ターム制講義が多い。特に4Sは必修科目の「領域プロジェクト」がある第一タームは比較的忙しいが、第二タームは必修に囚われず卒論執筆などの活動に取り組むことができる。
・3Aセメスター末から4Sセメスターのはじめにかけて研究室振り分け(研振り)が行われる。各研究室ごとに選考基準や配属されるタイミングは異なり、学部(2A~3A)の成績順の研究室もあれば、2人枠のうち1人は成績もう1人は面接、というところもある。進振りのように仮調査が行われて各研究室ごとの志望人数が出たのち、それを参考に第一希望の研究室へ正式に申込をする。
・卒業論文/卒業研究は4年生の1年間で取り組む。
卒業論文タイトル(2019年)

卒業までの流れ

2年生Aセメスター


 ■【専門分野を決める2A】

科目 区分 開講時限(変更の可能性あり)
動機付けプロジェクト 必修 火曜3-5限

・A1、A2合計で平均18コマ前後が一般的。
・週3コマ(火曜3-5限)、セメスター開講科目の「動機付けプロジェクト」が必修で合計で2.5単位。A1タームではA~Cの各コース別に東京電力などの施設見学をし、A2タームではキャンパスでプロジェクトを進めていく。2年次A2タームのみ、テーマの選択肢は全コース共通となっている。動機付けプロジェクトが、キャリアパスを考える良い契機になる。
・限定選択では、後の実験などで使う手法の基礎を予め固めておくため、「材料力学」(※1)や「流体力学」、演習科目では「力学演習」や「数理演習」などの受講が推奨される。資源系に興味のある人は「地球科学」(※2)もおすすめ。
・他に人気の限定選択の科目として、「プログラミング基礎」(※3)、「システム創成学基礎」、「社会創成学基礎」など。
・授業以外では、一部外資系企業を視野に入れ就活を始める人がおり、起業をする人もいる。

※1 A1タームで「材料力学1」、A2タームで「材料力学2」、3年次のS2タームで「材料力学3」が開講されるが、内容は連続しており、全て受講することが推奨される。
※2 A1タームで「地球科学1」、3年次のS1タームで「地球科学2」が開講されるが、内容は連続しており、全て受講することが推奨される。
※3 当セメスターで開講される「プログラミング基礎」ではJavaで文法を学ぶのに対し、3Sセメスターの「プログラミング応用」ではPythonによるデータ分析などを扱う。2つの間には直接的な関連がなく、両方受講する必要はない。



3年生Sセメスター


 ■【相対的に授業が多い3S】

科目 区分 開講時限(変更の可能性あり)
基礎プロジェクトA 必修 水曜3-5限

・S1、S2合計で平均20コマ前後が一般的。3Sと3Aのどちらかで授業を多く取っておけば良いのだが、3Sで多く取る人が多い。
・週3コマ(水曜3-5限)、セメスター開講科目の「基礎プロジェクト」が必修で合計で2.5単位。ここからはコースごとにテーマは異なってくる。具体例として、飼料の中に入っている化学物質を調べる実験や、建築物の耐久性をCADを使い検証する実験など。
・S2ターム開講の「材料力学3」と「数理計画と最適化」
・他に人気の限定選択の科目として、「プログラミング応用」、「経済学基礎」など。
・授業以外では夏季インターンシップが行われる。詳細はページ末尾”特別な制度”に記載。



3年生Aセメスター


 ■【研振りを控える3A】

科目 区分 開講時限(変更の可能性あり)
応用プロジェクトA 必修 木曜3-5限

・S1、S2合計で平均18コマ前後が一般的。3Sで多く授業を取っておけば、3Aで空き時間を作る事ができ、他学科の授業の受講や就活などに使える。
・週3コマ(水曜3-5限)、セメスター開講科目の「応用プロジェクト」が必修で合計で2.5単位。扱うテーマの専門性がかなり高まる。研究室に入り、修士課程の学生の研究に加わったりする。具体例として、画像解析技術でゴミからプラスチックゴミを検出した班や、ソフトウェア担当、ハードウェア担当、資金担当に分かれ、海中ロボットを作成した班なども。
・選択必修の科目も専門性が高まる。人気の科目としては「マイニングエンジニアリング」、「原子力エネルギー工学」、「海洋開発工学」など。
・他学科の授業を覗く事も多くなる。



4年生Sセメスター


 ■【卒論に勤しむ4S】

科目 区分 開講時限(変更の可能性あり)
領域プロジェクトA 必修 火曜/金曜3-5限

・平均10コマ前後が一般的。取り残した単位を取るための期間。殆どの時間を院試の勉強に充てる。
・週6コマ(火曜/金曜3-5限)、S1ターム開講科目の「領域プロジェクト」が必修で合計で2.5単位。「コミュニケーション技法」では、領域プロジェクトで行うプレゼンテーションのための技法を学ぶ。



4年生Aセメスター


 ■【引き続き卒論に勤しむ4A】

・院試が終わり、卒論の執筆に多くの時間を充てる。

入る前の想像と実際

・やりたいことが明確に決まっていない人が集まるイメージがあったが、実際入ってみると明確にビジョンを持った人や特定の分野に秀でた人が多くいた。
・ジェネラリストになりたいならそのまま多分野の授業を受講すれば良いが、将来的に特定の分野を専攻したいなら、ある程度分野を決めた状態で入り、目的の達成のために必要な授業は何か考慮する方が確実に得られるものが多い。
(理I→シス創A)

選んだ理由/迷った学科

・元々資源、エネルギーに関する政策立案に興味があったので、文転を考慮していたが、政策を定量的に検証する藤井/込山研究室に興味を持ち、そこに入るためにシス創Aを選んだ。
(理I→シス創A)

コミュニティとしての機能

項目 内容
ズバリ、学生間のつながりは: 10(強いと感じる)↔0(全くない) 【7】
LINE
Slack 有(※1)
学科ドライブ 有(※2)
オフラインでのつながり(※3)
上下のつながり

※1 ほぼ全員が入る全体チャンネルと、授業ごとのチャンネルがある。
※2 学年間でGoogle DriveとOneDriveを使い過去問共有などを行う(シケタイ制度、パ長制度はなし)
※3 コロナ禍以前における授業以外の交流を指す。

授業スタイル

項目 内容
1クラス当たりの人数 40~60名前後
成績評価 出席+レポート または 出席+レポート+テスト

・2限/3限に演習の授業が多い。
・プロジェクト系以外ではあまり実験は行わない。


■成績評価

コロナ禍以前
・出席は紙を回して取る形式と、ITC-LMSの形式が半分ずつ。成績評価は出席+レポートか出席+対面試験かで、前者の割合が高い。

コロナ禍
・大半がITC-LMSにより出席を取る。一部授業後のレポート提出を出席確認に用いる授業もある。殆どの授業が出席+レポートで評価される。

・レポートは、論文を読み自分の考えをまとめていく形式が多い。このコースでは技術と社会の結びつきを重視するため、リアルタイムの政府の発表を元に課題が出されることもある。

研究室・資料

システム創成学科Aコース公式サイト
システム創成学科Aコースカリキュラム
システム創成学科Aコース教員紹介
システム創成学科Aコース履修モデル


■研究室紹介

(詳細は教員紹介を参照)

◆システム創成学専攻
川畑 友弥教授: 次世代エネルギー設備
増田 昌敬教授: メタンハイドレードとデジタルオイル
福井 勝則教授: 岩盤力学、地下空間開発論、開発機械学
高橋 淳教授: 新素材
佐藤 光三教授: エネルギー確保と国際関係
鈴木 英之教授: 海洋再生エネルギー利用

◆先端エネルギー工学専攻
吉田 善章教授: プラズマ物理

◆原子力専攻
岡本 孝司教授: シビアアクシデント
藤井 康正教授: エネルギー・経済・環境システム

◆環境システム学専攻 
徳永 朋祥教授: 地圏環境
多部田 茂教授: 持続可能な海洋利用

◆海洋技術環境学専攻
佐藤 徹教授: 環境モデリング
早稲田 卓爾教授: 海洋流体現象
高木 健教授: 海洋技術政策

◆応用化学専攻
西林 仁昭教授: エネルギー資源創成

◆エネルギー・資源フロンティアセンター
加藤 泰浩教授: 鉱物資源

・エネルギー・資源フロンティアセンターの加藤教授は政府とのコネクションもあり、最新の政策を議論する授業で人気が高い。それ故に研究室の門も狭いので、授業が受けられる機会があれば是非受けておくべきだ。
(理I→シス創A)

特別な制度・その他

・「夏季インターンシップ」と「海外インターンシップ」の2種類のインターンシップ制度がある。共に1単位ずつ。夏季インターンシップは学部3, 4年生対象で、5月中旬頃に説明会があり、企業における実習、海外研修など多くの選択肢から選ぶことができる。実施期間は1~4週間程(※)。同じく3,4年生対象の海外インターンシップは学生が主体となり渡航先を決定し、大学、企業等で実践的な研修を行う。実施期間は1~2週間程(※)。

※実施期間は受け入れ先により異なる。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

1. 公式LINE にてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!

2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

記事内容修正依頼

この記事をシェア

所属学部

工学部

社基・建築・都市工・機械A・機械B・航空宇宙・電情・電電・計数・応用化学・シス創C

関連記事

機械情報工学科(機械B)

工学部 機械情報工学科

物理工学科

工学部 物理工学科

生物・環境工学専修

【環境資源科学課程】通称「生物環境(せいぶつかんきょう)」

フィールド科学専修

【環境資源科学課程】通称「フィ科(ふぃか)」

その他

学生団体・サークル紹介

団体理念、活動内容の側面で厳選した107団体の質の高い情報を掲載中。

ゼミ紹介

1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

学部/学科紹介

内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、95学科の情報を掲載中。

プログラム/施設紹介

学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

記事

第二外国語紹介をはじめとして、TLP、FLYプログラムなど多岐にわたる情報を掲載。

公式note

サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。