UT-BASE紹介記事をnoteで公開しました!詳しくは こちら

CO-ONnext

子どもの貧困

学習支援

教育

フードバンク

子ども食堂

食品ロス

コネクト

社会問題

食糧問題

子どもの支援

「子どもの貧困」に関する情報発信や、間接的・直接的支援を行う学生団体。

基本情報

執行代

定期的な代替わりを行っていない

人数

5~10名程度

選考情報

なし

活動頻度

週1回MTG:曜日・日時応相談(オンライン)

Twitter

@ChildPoverty_UT

公式サイト

https://co-onnext.info/

公式メアド co.onnext[a]gmail.com
([a]を@にしてメールを送信してください)

活動の様子

概要

■理念/指針・沿革

「子どもの貧困が最大限解消されている社会」を実現するため、「子どもの貧困」に関する啓発イベントやワークショップ、支援団体や支援情報を集約したプラットフォームづくりをしている学生団体。
 
2020年、コロナ禍においても「子どもの貧困」を知り、考える機会をより多くの人に提供すべく創設。①「子どもの貧困」という社会問題に関する情報発信、②一緒に活動する仲間づくり、③支援を必要とする人たちへの情報提供を行っている。
 
2020年度は東京大学の五月祭、駒場祭にて、それぞれ有識者を招いてのオンラインシンポジウムとオンラインでの映画『こども食堂にて』上映会を開催した。今後も引き続き、定期的なイベントの開催や勉強会の実施、ホームページでの情報発信をおこなう。

■活動内容

《アフターコロナ》
立ち上げ以来、活動はZoomやLINE、Slackを活用し全面オンラインでの運営を行っている。立ち上げ時期にコロナ禍が重なったため、一度も対面で会ったことがないメンバーがほとんど。

2020年度は東京大学の五月祭、駒場祭にて、それぞれ有識者を招いてのオンラインシンポジウムとオンラインでの映画『こども食堂にて』上映会を開催した。今後もオンラインでのミーティングを基本とし、さらなる企画の充実を図る。

■組織体制

執行代
現状は創設メンバーが執行代となる。

体制
代表・副代表・会計・書記などの役職があるが、基本的にはフラットな関係。ほとんどのメンバーは、五月祭・駒場祭でのイベント企画に携わる。週1回の全体ミーティングで方向性を確認しながらイベントの用意を進める。

メンバー構成

■メンバー構成

人数
5~10名程度

学年
不問(現在は学部1~3年生が所属)

男女比
男:女=1:1程度

加入時期
いつでも可

属性
・他大生でも参加可能・大歓迎だが、現状は東大生のみ。
・学部・専攻はバラバラ。
・兼サーや他の課外活動にコミットしている人がほとんど。他のゼミ/学生団体/学外のボランティア活動/インターン等と両立する人が多い。
・学習支援やフードバンクなどのボランティア活動に参加している人が多い。
・様々な社会問題について考え/知識を持っている人が多く、真剣な議論ができる。
・比較的穏やかで落ち着いた人が多い印象。

離脱率
・不明(未だ立ち上げ期のため要経過観察)

活動実態

今後加筆予定

活動頻度

通常活動
・週に1回全体ミーティングがある
・仕事量は自分の裁量に合わせられる
・2週間に1回「おしゃべり会」がある(メンバー同士が問題意識や近況を共有・議論)

コンテスト/イベント前後の期間
・イベント直前は担当者は特に多忙となる。他活動と上手く両立する者が多い。

年間予定

4月:新歓
5月:五月祭
6月:「子どもの貧困」勉強会&交流会
7月:テスト期間
8月~9月:フードバンク等視察・勉強会&交流会
10月:駒場祭に向けて準備開始
11月:駒場祭
12月:勉強会&交流会
1月:テスト期間
2月~3月:フードバンク等視察・引継ぎ

募集情報

選考なし(面談あり)

募集対象
学年制限なし

実際に入会する人
学年制限なし

入会手続き内容
毎年4月~5月にかけて新歓を行う。
説明会が複数回開催され、説明会参加後に代表(または運営メンバー)が入会希望者との面談をおこなう。面談では関心分野/やってみたいこと等を聞き取る。面談後のGoogleフォーム提出によって正式入会となる。

内部のホンネ

○魅力

・問題意識や関心分野が近い人が集まるため、真剣に社会問題について議論することができる。
・学習支援、食の支援など「子どもの貧困」に関する複数の分野での経験があるメンバーから話を聞ける。
・様々な学部の学生が集まっているため、それぞれの勉強内容について聞くことによって知的な刺激を得られる。
・学祭ではやることは固定されていないため、自由な発想で企画を立ち上げ、実行できる。



△大変なところ

・兼サーしている人が多いため、ミーティングの日程調整が大変だったり、マンパワーが不足しがちだったり。
・「子どもの貧困」への直接支援ではないため、やりがいを感じにくいかも…。
・「ビジネス」というよりもボランティアベースの社会貢献という性格が強い。
・支援情報などの発信を行うためプラットフォームの整備が急務。ただ、エンジニア不在のため足踏み状態。

新歓日程詳細

・4月11日(日)UT-BASE主催MeetUP 11:40-/12:20-/13:00-
・4月24日(土)「こどもの貧困」×気候変動 意見交換会 10-12時

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

1. 公式LINE にてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!

2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

記事内容修正依頼

この記事をシェア

関連カテゴリー

社会課題

国内外のフィールドにおける社会問題について、調査や体験活動あるいはイベントの開催を行う団体。

関連記事

Table for Two-UT

東大の食堂でヘルシーメニューを提供し、売上の一部をアフリカに給食費として寄付するNPO団体の東大支部

東京大学 点友会

点字を学び、学園祭パンフレットの点訳や触地図の作製などを行う団体。

inochi WAKAZOプロジェクト

ヘルスケア問題に対するイノベーティブな課題解決方法を考案する学生プロジェクト。

KIP

「日本知らずの国際人から、『知日派の国際人』へ」を掲げ、学生・若手社会人で討論を行う会員制グループ。

その他

学生団体・サークル紹介

団体理念、活動内容の側面で厳選した119団体の質の高い情報を掲載中。

ゼミ紹介

1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

学部/学科紹介

内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、98学科の情報を掲載中。

プログラム/施設紹介

学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

記事

第二外国語紹介をはじめとして、TLP、FLYプログラムなど多岐にわたる情報を掲載。

公式note

サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。