TNK

起業

ビジコン

インカレ

コンテスト

メンバーの多くが起業を目指す、インカレ起業サークル。

目次

    基本情報

    執行代

    活動2年目の学生

    人数

    60名程度

    選考情報

    あり

    年会費

    なし

    活動頻度

    毎週起業家の方を招いて勉強会@渋谷等

    Twitter

    https://twitter.com/ut_TNK

    公式サイト

    http://www.venture-tnk.com/

    活動の様子




    概要

    ■理念/指針

    東京大学のインカレ起業サークル。所属しているメンバーの多くは起業家を目指していて、起業家になるべく行動している。東大を始め早慶や様々な大学から起業で世界にインパクトを与えたい学生が集う。
     
    「全員が創新者(=社会的価値を生みだす事業家)になること」をビジョンに、そして「経団連を超えて21世紀の日本を牽引する」をミッションに掲げる。
     
    団体が掲げる具体的な目標としては、OBOG含める「TNKマフィア」が時価総額1000億円以上の企業を100社輩出すること。(今後変更可能性あり)
     
    なお、個人に起業を強制することはない。起業している人は多いが、全員が起業する必要は無いと考えている。(今後変更可能性あり)


    ■沿革

    「日本最高の学生起業家団体を作る」ことを目標に、2005年4月に東大起業サークルTNKを設立し、現在17期となる。
     

    ■活動内容

    《ビフォーコロナ》
    毎週1回の勉強会のほか、「年間予定」にあるように定期的にビジネスコンテストやアクセラレータプログラム(実装まで行う)が活動の中心となる。
     
    勉強会では団体OBOGを含め、特定の領域に精通された方々を招く場合が多い。
     
    《アフターコロナ》
    勉強会やビジコン等のコンテンツや、団体自体のコンセプトは以前と変わらず、大きく変わったことはない。
     
    勉強会の会場としていた駒場キャンパスの和館が使えないので、少人数利用を前提に渋谷の貸し会議室に場所を移行した。
     
    コロナ禍で通常通りの活動が難しかったことに加え、内部メンバーで活動方針についての議論が紛糾したことから、2020年4月~11月は目立った活動を行えなかった。OBOGの力も借りつつ、「経団連超え」のミッションを再認識して同年12月、再度なされた選抜を通過した16名の新制17期がスタートした。
     
    2020年度4月に入会した17期は当初、人数が1学年40名以上とかなり多かった。2021年度は以前同様の人数(1学年25名程度)に戻す予定である。

    ■OBOGの進路/活動 

    〈進路〉
    ・学生中に起業する人、社会人になってから起業する人それぞれいるが、6割ほどは起業しているのではないかと思われる。
    ・起業せずとも、スタートアップの取締役やベンチャーキャピタルなど、スタートアップ界隈に携わる人が多い。
    ・現メンバーも15名中6名が起業、2名が起業準備中。残りのメンバーも、その多くは長期インターンでフルコミットしたり、プログラミング勉強してエンジニアしていたりする。
    ・普通に就活して官公庁や外資系コンサルティング会社などに進む学生も少数ながらいる。
     
    〈諸活動例〉
    TNKマフィアと称される「OB会」には、多様な分野で起業する先輩方が在籍する。詳細はこちらから。
    ※一例
    福島良典さん:株式会社Gunosyを創業。創業2年半でスピード上場。
    高橋飛翔さん:ナイル株式会社(大型資金調達済み)を創業。
    保手濱彰人さん:株式会社ダブルエルを創業。TNK設立者。
    金靖行さん:株式会社Candleを創業、2年半後12.5億円で売却。

    メンバー構成

    人数
    40名程度になる見込み。
    ※2年目のメンバーが14名、今年新歓で25名程度を採用予定
     
    学年
    学年をあまり意識しない。
     
    男女比
    3:1程度
     
    加入時期
    大学生の場合学部2~3年生が多い傾向にはある。
     
    属性
    ・とにかく多様。17期の14名内でも、高専から東大に進学した方、高卒で起業している方、東大卒業後藝大に進学する方、起業しデジタルハリウッド大学に進学する方等々。
    ・大学は東大、海外大(UCB)、早稲田大、慶應大、筑波大など。
    ・年齢は19~25歳が多い。
    ・どこかのサークルに所属するよりも、自分でNPOやサークルを作っている人が多い。
    ・起業かインターンか、どちらかをしている学生がほとんど。
    ・起業を本気で考えている人以外は入会不可。
    ・起業の中でも、学生が手っ取り早く始めやすいメディア系の起業はよくない風潮があり、テック・不動産・IOTなどが多い。
     
    離脱率
    ・例年は活動開始時点で25名で、その人数がほぼ推移される。
    ・当初は40名程度と人数が多い代だったが、特例的な事情により12月くらいに一度選抜され直され16名で再スタート、その後10数名程度までになった。
    ・特定の基準に満たないTNK生は、抜けてもらう可能性があります。

    活動実態

    執行代
    所属2年目の学生が運営を行う。勉強会やビジコン、夏合宿等の企画運営、理念設計、新歓活動等。
     
    体制
    代表・副代表2名の計3名に加えて、同期代内で3~4名が運営を手伝う。
    ※既に事業を一定レベルで成功(数億円規模で事業売却等)させたメンバーは「メンター」的ポジションに就いており、そうした人は運営ではなく各メンバーの事業相談に回る。

    活動頻度

    通常活動
    毎週木曜夜の週一勉強会。
    ※残りの時間は基本的に、自分の事業や活動に注力してもらう方針
     
    コンテスト/イベント前後の期間
    ・学園祭や合宿、ビジコンの前は少し忙しくなる。(ただし、コロナ禍で通常通りできるかは未定)
    ・自分自身で勉強会を企画して試験前に被ると少し大変。

    年間予定

    ※新歓合宿以降の各種イベントは、コロナ感染拡大状況によりけりで未定。ただ、ビジコンや合宿は実施の方向で調整している。
    4月:公開勉強会
    4月-5月上旬:選考&加入者決定
    5月:五月祭(模擬店開催または公開勉強会)
    5月:新歓合宿(五月祭の翌週が通年)(1泊2日)(チームを組んでビジネスプランを考える)(親睦を深める意味も強い、2021年度の開催は未定)
    6月:ビジコン(2泊3日)(内部メンバー向け)(審査員はTNK卒の起業家)(2021年度の開催は未定)
    8~9月:夏合宿(親睦を深める&ハッカソン)
    秋(日程調整次第):アクセラ:ビジコン→実装まで行う。
    12月:執行代入れ替わり(活動1年目を終える学生は、起業やインターン活動と並行して、TNKの運営側に回る)

    募集情報

    選考あり
     
    募集対象
    学生・社会人問わないが、18歳~25歳くらいの方が望ましい。
    ※傾向として学生、特に学部2年生入会が多い。
     
    実際に入会する人
    同上
     
    入会手続き内容
    公開勉強会(4/13-15)のどれかに来てもらい、4/22にES〆切。
    ①書類審査→②面接の2段階で選考を行う。連絡は公式LINEを通じて行う予定。

    内部のホンネ

    ○魅力

    ・OBOGの方と連絡が取りやすくなる、しっかり事業を成功させている起業家と身近に接することができる環境。起業以外の知識も含め、様々な相談を起業家にできる。
    ・起業家の中で認知度が高いので、豪華ゲストを呼びやすい。
    ・起業をいつやるかは強制していない。サークル期間中にするのが望ましいが、留学・院進等キャリアを歩む人もいる。
    ・起業にせよ、真剣にキャリアを考える人が多い環境。
    ・起業を真剣に考えている人が多い環境。同期のレベルの高さを感じる。
    ・選考は厳しめ(6倍くらい)→コミュニティの純度が他サークルに比べ非常に高い。
    ・起業する際に出資してもらいやすい環境。
    ・起業仲間・共同創業者が見つかりやすい環境。



    △大変なところ

    ・選考が厳しい(TNK浪人という言葉がある)。倍率は例年8倍程度(昨年は5倍程度だったが、8倍程度に戻す見込み)。
    ・起業の知識を求めているわけではないが、入ってからは自分でそういった勉強を自分でも進めていく必要。ついていく必要がある。
    ・「経団連超え」という高い目標を掲げる以上、現状に妥協した居心地の良いコミュニティではなく、あくまで起業家集団という意識が必要である。
    ・学年・年齢に拘わらずフラットに議論する空間なので、自分の意見を主張できない人、オープンなコミュニケーションが取れない人だと大変。
    ・OBOGからの、またお互いにするフィードバックは、得てして厳しい。それによって活動への情熱が無くなってしまう学生も。
    ・厳しいインターンや活動に挑戦していない人は肩身が狭い思いをする可能性が高い。
    ・OBOGをお呼びした勉強会を企画する関係上、OBOGは活動に一定介入する。
    ・(勉強会に無断欠席するなど当たり前のことをしっかりやらない等)TNKに見合わない人は、活動を途中で辞めさせられる可能性がある。

    新歓日程詳細

    最新情報はまだ更新されていません。

    最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
    最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

    1. 公式LINEにてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!
    2020年度入学者用LINE
    2021年度入学者用LINE
    2022年度入学者用LINE

    2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

    記事内容修正依頼

    この記事をシェア

    関連カテゴリー

    ビジネス・投資

    ファイナンスやその他ビジネスの分野を座学で学ぶ、またビジコンや起業など、実践に移す団体。

    関連サークル

    瀧本ゼミ 企業分析パート

    リサーチ→投資判断→発表→議論のサイクルで企業分析および意思決定能力を徹底強化。

    株式投資クラブ AGENTS

    少数精鋭の投資サークル。

    東大金融研究会

    属性問わず参加できる金融ビジネスを実践的に学べる日本最大級のサークル・コミュニティ。

    KING

    「学生による学生のためのビジネスコンテスト運営団体」として国内最大のビジコンを開催している学生団体。

    今読まれている記事

    推薦合格者必見!合格後の流れ

    東大 推薦 合格後の流れ

    東大推薦合格者必見!推薦入学の手続き

    東大 推薦 入学手続き

    東大推薦合格者必見!二外・TLP手続きには要注意

    東大 推薦 二外

    FLYプログラム概要

    新入生向け 海外 プログラム

    その他

    学生団体・サークル紹介

    団体理念、活動内容の側面で厳選した団体の質の高い情報を掲載中。

    ゼミ紹介

    1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

    学部/学科紹介

    内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、全学科の情報を掲載中。

    プログラム/施設紹介

    学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

    記事

    UTokyoWiFiの使い方や、図書館利用法など大学生活で役立つ多岐にわたる情報を掲載。

    公式note

    サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。