UT-BASE紹介記事をnoteで公開しました!詳しくは こちら

東京オンライン教育振興会(TOEG)

教育

オンライン授業

ICT教育

少数精鋭

オンライン授業導入に関するDX支援を公立の学校機関に対して行う一般社団法人。

基本情報

執行代

規定なし

人数

現在4名

参加学年

学部生のみ

選考情報

あり

年会費

なし

活動頻度

週に1度オンラインまたは対面で全体ミーティングを行う 、学校に直接またはオンラインで訪問する

公式サイト

https://toeg.jp/

公式メアド info[a]toeg.jp
([a]を@にしてメールを送信してください)

活動の様子




概要

■理念/指針・沿革

私たちTOEGは、すべての人の学びの保障を第一に、質の高い教育を届けることを目指しています。
国家の成長を支えるのは人であり、教育はその礎となるものです。COVID-19の感染拡大により世界中で学校が閉鎖され、多くの児童・生徒の学習に影響が出ました。日本も例外ではなく休校や分散登校により、学びの提供は滞りました。オンライン授業は教育機会の保障の一つの解決策となりました。そして今後も通学が困難な場面での活用が期待されます。
教育機会の保障の先には、質の高い教育の提供があります。私たちは多くの子供たちが通う公立の学校において、高い質の学びが保障されることが重要であると認識しており、そのために何ができるのかを常に自問自答しながら、明るい未来の醸成に貢献したいと考えております。質の高い教育の提供のひとつの方法としてオンライン授業の普及に取組み、ICTの利活用も促進してまいります。
教育がアップデートを促し、現代の子どもたちに合った教育が提供されるように、これからも尽力いたします。

■活動内容

《ビフォーコロナ》
2020年5月に設立された団体であるため、ビフォーコロナの活動はない。

《アフターコロナ》
一般社団法人東京オンライン教育振興会(TOEG)ではオンライン授業導入に関するDX支援を公立の学校機関に対して行っている。
 
学校現地に行き機材の設置やツールの使用を支援したり、先生方とともに授業設計を行ったりする。オンライン授業に参加してティーチング・アシスタントのような役割を担うことや、外部講師が学校で授業をする際の調整役を担うこともある。都関連財団法人から依頼を頂いて学校支援や報告書作成をも行う。依頼を請け負う場合には報酬が出るが、その分責任も生じる。

■OBOGの進路/活動 

〈進路〉
2020年に設立された団体であり、メンバーは全員学部生なので、OBOGはまだいない。
 
〈諸活動例〉
東京都教育委員会からの依頼を受け、外部講師のオンライン授業実施支援を行う。

メンバー構成

人数
人数:4名
 
学年
所属学年:3年生;1名、4年生;3名
 
男女比
3:1
 
加入時期
5月に2名で設立し、8月に法人化した際に2名が加入した。
 
属性
・他大学の新メンバーも募集しているが、現在のメンバーは全員東大生
・現在のメンバーは全員が理系。工学部と薬学部の学部生。
・全員が兼サーしている。
・GNLFやGLP-GEfIL、Hult Prizeの運営に携わるなど、国際系の活動をしているメンバーが多い。
・メンバーの中には、世界一周して1つのサービス・プロダクトを作る民間プログラムに参加した人もいる。
 
コミット・離脱率
・2021年3月時点で、離脱したメンバーはいない。
・全てのメンバーが積極的に活動に参加している。

活動実態

執行代
規定なし
 
体制
代表理事1人、理事2人、監事1人を置いている。しかし、これは法人化する上で必要であるため名目上置いた役職。運営方針はメンバー全員で話し合いながら決定する。

活動頻度

通常活動
・週1程度でオンライン上又は対面でミーティングを行う。
・必要に応じてメンバー個人間での話し合いを行う。
・学校、都職員、外部講師との打合せはZoomを中心に行う。学校又は外部講師の機材・回線面で不安がある時は確認のために事前に訪問する。頻度はばらつきがあり、週1~5程度。
・授業時は学校に直接訪問して支援を行ったり、zoomを繋いで様子を見ながら、トラブル対応等を行う。多い時は日に2,3回行われ、参加は任意。

年間予定

2021年度の活動方針やスケジュールはまだ未定。
 
以下は2020年の活動スケジュールである。
5月 団体設立。
6月 創設メンバーの母校を中心に、学校に直接訪問してオンライン授業のサポートを行う。
7月 東京都教育委員会の人に活動の紹介を行う。
8月 学校でオンライン授業をする際に貸し出す機材を調達するためにクラウドファウンディングを開始
9月 法人化。東京都教育委員会のプロジェクト(学校での外部講師のオンライン授業支援)に参入する。
10月 クラウドファウンディング終了
11~2月 学校に対してオンライン授業のサポートを行う。
3月 クラウドファンディングの経過報告準備、都のプロジェクトの報告作成

募集情報

選考あり/選考なし
・選考あり
・エントリーシートと面接による選考を行う。
 
募集対象
学部生ならば学年制限なし
 
入会手続き内容
・入会希望者は、info[a]toeg.jpにメールを送る
①入会希望の連絡
・東大生の場合:こちらのページで必要事項を埋める
・東大生以外の場合:メールまたはこちらの問い合わせに氏名・所属を明記
②エントリーシートによる書類選考→面接→入会
③入会後は研修などを行わず、すぐに活動に参加する。
 
・入会希望は時期を問わず受け付けているが、活動内容に会った人材をメンバーが探して加入オファーをするリファラル採用を中心に行っている
・活動の意義や内容を理解しているか、入会後に積極的に活動に参加できるかを基準に加入の可否を判断する。

内部のホンネ

○魅力

・教育現場の現状を知ることが出来、かつ得た知見を現場に還元できる体制がある。
・組織としては新しく、団体としても成長可能性が大きい。
・教育現場がまだ発展途上であり、解決すべき問題を多く抱えているため、何かをやり遂げる達成感を得たい人にはおすすめ。



△大変なところ

・学校機関や団体からの依頼を受け、報酬をもらっているので、責任が生じる場面もある。
・教育現場が閉鎖的であるため、問題点が見えづらく、何をしたら問題解決できるのか掴みづらい。
・メンバー数に比して仕事量が多く、各メンバーが積極的に仕事を進めていく必要がある。

新歓日程詳細

■近日開催!新歓イベント

特になし

■気になるポイント

募集時期
時期を問わず入会希望者を受け付けている。
 
今年度の活動形態の見通し
・オンライン中心
・学校での支援を行う、メンバーで集まって書類作成をするなど、時々対面での活動も行う。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

1. 公式LINE にてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!

2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

記事内容修正依頼

この記事をシェア

関連カテゴリー

人文科学(教育・文学・芸術)

教育・文学・芸術など「人文科学」を活動の軸として、研究やイベントの開催を行う団体。

関連記事

すずかんゼミ (学藝饗宴)

学術を俯瞰するために、藝術との饗宴を図るゼミ。

かしの木

2020夏に発足した、塾に通えない子どもたちの学習をオンラインでサポートする学生団体。

FairWind

「地方高校生に追い風(FairWind)を」を理念に地方高校生との交流による教育格差解消を目指す。

合格サプリ編集部

大学受験情報マガジンを作成している団体。

その他

学生団体・サークル紹介

団体理念、活動内容の側面で厳選した119団体の質の高い情報を掲載中。

ゼミ紹介

1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

学部/学科紹介

内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、98学科の情報を掲載中。

プログラム/施設紹介

学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

記事

第二外国語紹介をはじめとして、TLP、FLYプログラムなど多岐にわたる情報を掲載。

公式note

サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。