瀧本ゼミ政策分析パート

基本情報

執行代 2,3年生あたりが一般的
メンバー構成 1 ,2年生が多い
参加学年 全学年
選考 あり
部費 なし
兼サー あり
活動頻度 週1回火曜日

概要

創設者は京都大学の客員准教授である、故瀧本哲史氏。

徹底的な論文調査と専門家へのヒアリングを行うことで、「世の中で知られていないが、実は重要である問題」を発見・分析し、有効な解決策を立案・実行するインカレの自主ゼミナール。
政治家や企業への提案、外部との共同研究の実施など幅広いアプローチで問題の解決を目指す。

メンバー構成

人数
・合計15名弱

学年
・1、2年生が5人前後、3、4年生が数人。

属性
・東大は6人。
・東大以外では、一橋・早慶などが多く、一橋院の学生も在籍。
・現執行代は文ⅠⅡが多い傾向。
・医学部生が数名在籍。
・運動会(ゴルフ部・バスケ部など)
・学術系・国際系のマジメなサークルとの兼サーが多い。
・運動会に所属する学生(ゴルフ部・バスケ部)もおり、両立は可能。

活動頻度

週1回火曜日にMTG@駒場キャンパスまたは慶應信濃町キャンパスなど四谷三丁目付近
各自で準備をして最低半年に一度は発表。
良い発表であれば、実行に移すためプロジェクトを組んで活動することも。

募集

募集対象:全学年(文理や専攻問わず募集)

実際に入会する人:1 ,2年生が多い。

入会手続き概要:
選考有

新歓説明会にて配布する連絡先に、書類(ES)を提出する。提出者は指定日時で面接を受け、春新歓では4月末、秋新歓では10月末には加入が決定。Slackに加入する。
*2019年春は約10名を採用。

年間予定

4月:説明会・新歓
5月:加入メンバー決定、イシュー&発表日程を決定、研修を兼ねた合宿
6月末:東西戦(東京と京都の瀧本ゼミによる発表会など)
5~8月:各メンバーが一度、イシューの発表を行う
9月末~10月:秋新歓
10月:加入メンバー決定、イシュー&発表日を決定、研修を兼ねた合宿
11月:駒場祭:イシューの発表&公開ロビイングを例年行っていた
10月~2月:各メンバーが一度、イシューの発表を行う
2月末or3月頭:東西戦

内部のホンネ

○魅力

・意思決定力(問題解決をする際、情報を集めボトルネックを特定して良質な意思決定を行う力)が養われる。
・大衆が気付いていないが実は重要なことを、分析を通じて発見・解決策まで考えることができる。
・イシューを政策に適用する時、「どういう風に人を動かす」「どういう風に伝えていくか」(プレゼンとか)を学ぶいい機会である。(実際にロビイングなども行う)



△大変なところ

・わかりやすく成長するわけではない(イシューの選択含め、すぐに良質な結果が出るわけではない)。
・議論の過程で折れてしまう人もいる(粘り強いと楽しめやすい)。

新歓日程詳細

【コロナウイルスの影響により、全オフラインイベントがオンライン化されました】

団体説明とイシュー発表を行う予定。
4/11(土)16:00~
「いじめを解決する真のアクターは○○!? 効果実証のあるいじめ対策アプローチとは」
4/14(火)19:00~
「女性の健康リスクは社会全体のリスク。今まで見過ごされてきた○○とは?」
4/21(火)19:00~
「なぜ闇営業問題は起こったのか?芸能人にも必要な働き方改革とは!?」

参加申し込みはこちらから→http://urx.space/X8La