アイセック東京大学委員会

海外インターン

国際系

企業渉外

インカレ

選考あり

基本情報

執行代

2年生

人数

新2年生が20人、新3年生が10人程で合わせて30人程度

参加学年
選考

あり

活動頻度

週2で全体ミーティング

公式Twitter

https://twitter.com/AIESEC_TokyoU

公式サイト

http://www.aiesec.jp/

概要

アイセック(AIESEC)は、海外インターンシップ(海外で働く機会)の運営を主幹事業とする世界最大の学生団体。
世界126の国と地域には、同じ理想を掲げた約7万人もの学生メンバーが在籍する。
アイセックの日本支部であるアイセック・ジャパンは55年を超える歴史を持ち、現在国内では主に大学ごとに25の委員会が活動をしている。
そのうちの1つであるこの東京大学委員会は日本で最初に設立されたアイセックの支部であり、東京大学生を中心に他にも様々な大学の学生で構成されている。
東京大学委員会では、日本人を海外の企業やNPOに送り出す「送り出し事業部」と、外国人を日本の企業に受け入れる「受け入れ事業部」が運営されている。

メンバー構成

人数
・新1年生を30~40くらい採る見込み。

学年
・現在のメンバーは新2年生が20人、新3年生が10人程で合わせて30人程度。

属性
・大学割合
7割~8割が東大生。他大からはお茶の水女子・東京女子・横市・早稲田・立教など。
・男女比はおよそ6:4
・文系の方がやや多い。特定の学部が多いことは無い。
・社会とかかわる活動やテレアポ、人に向き合う仕事やコンサルティングとかに興味がある人が多い。
・他の国際系団体や学術系ゼミと兼ねる人がそこそこいる。
・スポ愛などの運動系サークルは結構いるが、運動会はいないイメージ。
・真面目な活動をする一方で、サークル内の仲が良くて遊ぶことも多いので、学びと遊びがアイセックで完結する人も多い。

活動頻度

・週2で全体ミーティングを行う。プロジェクトごとのミーティングと全体のミーティングがある。
・2ヶ月〜3ヶ月に一回の合宿(幹部であるかによって頻度が異なる)。
・合宿には東京大学委員会で行うものとアイセック・ジャパン全体で行うものがある。
・東京大学委員会で行われる主な合宿の内容としては①総会:NPOとしての法人格を維持するための会議で、年に3回開催する ②プランニング合宿:事業の戦略や実行プランを組む合宿で、年2回行う ③旅行:年2回(夏は海、冬は雪山で合宿をして盛り上がる)がある。
・上の3つは合併して行われることもあり、去年の合宿は8月、9月、11月、2月、4月にあった。

募集

・選考有
・選考方法:例年は、4月に国際系合同新歓・団体説明会 があり、その後4月の3〜4週目に2日程の新歓合宿が行われる。参加者を対象で後日面接をして、GW中にはメンバーが決定される。
※2020年は新型コロナウイルスの影響で新歓合宿の催行が不可能なので、選考方法は例年と異なります。詳細は今後掲載いたします。
※入会金1万円&参加必須の合宿3回×3000円(=9000円)が必要。

募集対象:どの学年も歓迎

実際に入会する人:1年生が中心

年間予定

4月 新歓
5月 新入生入会、新歓お疲れ様会(上級生)
6月 歓迎会、東日本地区合宿、チーム配属
7月 試験休み
8月 8プラ(プランニング合宿&花火旅行)、夏期インターン生の送り出し
9月 総会合宿
10月 海外インターンPromotion
11月 代表選挙合宿
12月 アルムナイパーティー
1月 試験休み
2月 2プラ(プランニング合宿&スキー旅行)
3月 追いコン、新歓準備

毎月、事業の運営に加えて何かしらのイベントがあるがあることが多い
試験期間に当たる7月と1月は3週間ほど休みになる

内部のホンネ

○魅力

・海外のネットワークは国際系の中でも群を抜いて大きい
・東大内外に多くの友達ができる
・歴史の長い団体なので、元首相や大企業社長など卒業生が豪華
・1年目から企業の方や学生を担当して活動できる
・プログラムを通じて成長する学生を1対1の担当としてサポートできる
・運営メンバーも海外インターンに参加できる(4割くらいが参加)
・夏の海や冬のスキーなど、イベントも多い
・それ以外にも気軽に遊びに行ったりできる
・卒業してからもずっと交友関係が続く



△大変なところ

・1年生から外部の方(企業様・学生)と関わるため、責任感は強く求められる。
・社会人の方と対等な立場で交渉するのはかなり難しいため、努力が必要。
・試験期間でも外部の方への対応は継続的に発生する。(1Sは2Sで余裕のある先輩が助けてくれる)
・責任の大きい事業を行っているため、その分覚えるべきことが多い。

新歓日程詳細

調整中

 このサークルをシェアする

その他記事

関連カテゴリー