京論壇

国際系

少数精鋭

東京大×北京大

価値観

分科会

英語

選考あり

1~4年

基本情報

執行代

去年のメンバーが代表副代表・議長を務める

人数

合計約20名

参加学年

1~4年

選考

あり

活動頻度

6,7,8月は2週間に1回程度

公式Twitter

https://twitter.com/jingforum

公式Facebook

https://www.facebook.com/JingForum/

公式サイト

https://www.jingforum.org/

概要

京論壇 | JING Forum とは、東大と北京大の学生で構成される議論団体。9月上旬に北京セッション(1週間)、10月上旬に東京セッション(1週間)が行われる。

分科会が3つに分かれていて、それぞれに議長が一人ずつ&各分科で4人のメンバー参加者がついて議論する。毎年分科会のテーマは変わる。

北京・東京で夏休みに一週間ずつ合宿を行い、様々な社会課題について「学生ならではの視点」から英語で徹底的な議論を重ねます。その成果を広く発信することで両国の深い相互理解の達成への一助となることを目指す。

メンバー構成

人数
・合計20名。

学年
・学部1~4年、院生と幅広く在籍。
・各代4人くらい。

属性
・国際関係論コース人が今までは多かった。
・現在は経済学部が多い。
・中国系のルーツが3割くらい在籍。
・英語のコミュニケーションに困らない人が多めだが、ネィティブレベルはほぼいない。兼サーが大半(京論壇の活動自体、それほどタイムシェアを割く活動ではないため)。
・国際系:UTDS,AFPLAなど国際系が多い。

活動頻度

・6,7,8月は2週間に1回程度、各分科会ごとに勉強会を行う。
・10月以降は、次年度の運営を行うメンバーがオンライン・オフラインで議論していく。

募集

4~5月に、京論壇ホームページ記載のエントリー用フォームからの申し込み。

年間予定

※1年生の場合
4月:国際系合同新歓
5月:選考活動
6月:新歓合宿
6月~8月:本セッションに向けての議論の準備
7月:OBOG会
9月:北京セッション(10日程度)
10月上旬:東京セッション(10日程度)&活動報告会
10月:引継ぎ&次期代表・副代表3名・議長(各分科会のトップ)3名を決定
~3月:最終報告執筆

内部のホンネ

○魅力

ー議論の側面
・価値観の議論を大切にしている。他の人に流されずに行動するためには、価値観を行動のベースとして大切だと考えている。
・価値観を中国人とかと延々と議論していく中で、自分の信じる道は何かと見つけ出していく。それが議論の特徴。「どうしてあなたはそう思うのか?」をひたすら問い続ける、一般論ではない。それが面白い。

ー組織の側面
・OBOGが15年間たまっており、リソース面が豊富。
・外資系コンサル・外資系投資銀行に限らず、お笑い芸人をされている方もユニセフの方もアメリカや台湾で事業興している方もネトフリ務めている方も。



△大変なところ

・英語でコミュニケーションする意思が大切。意思が伝わらないことも(魅力の裏返し)。
・真剣に議論するのに時間をかなりかけており、ハードに感じる人も。午前3時間&午後3時間&夜3時間など(カラオケ行ったり観光したりもあるが、他団体に比べそうした時間は短い)。

新歓日程詳細

秋新歓は行わない。12月前後に議長の公募が行われる可能性もある。

 このサークルをシェアする

その他記事

関連カテゴリー