MPJ Youth

基本情報

執行代 2A〜3S
メンバー構成 50名程度
参加学年 全学年
選考 あり
部費 なし
兼サー あり
活動頻度 週に1回程度勉強会の班で発表に向けた議論やミーティング

概要

MPJ Youth (ミレニアム・プロミス・ジャパン・ユースの会)は「アフリカを学び、発信する」をコンセプトに、アフリカに興味のある学生が集まり、様々な分野の知見からアフリカを学び、議論するとともにその情報を団体内外に発信する団体である。日本におけるアフリカへの関心の低さを問題視し、アフリカへの幅広い知見とフラットな視点を持った学生が、卒業後に社会人として様々な場で活躍し、アフリカに関わる様々な業界を牽引していくとともに、団体で培った偏りのないアフリカへの知見や経験を広めていくことを目指している。

活動内容は主に勉強会とアフリカ研修の2つの軸からなる。

勉強会では、政治・経済・文化・保健医療・農業など多岐に渡る分野で班分けを行い、
班に分かれて発表に向けて活動を行う。勉強会発表では、自身でテーマ設定、リサーチ、発表の流れで3~4ヶ月ほどかけて班ごとに一人一人発表。班では、各々の発表に向けたリサーチ状況などを共有するほか、互いの研究内容への意見交換、議論を行い、発表の完成度を高めていく。最終的な勉強会発表では、発表とともに、班を跨いで議論を行い、互いの知見や意見を交換する。

アフリカ研修は実際にアフリカを肌で経験し、学ぶ機会として年に1度行われ、実際にアフリカに2週間ほど渡航する(今までの渡航先はマラウイ、ルワンダ、ガーナ、タンザニアなど)。研修に向けて各自がテーマを設定し、現地で政府機関や企業などの訪問、現地の方との生活や現地でしかできない様々な方法を通して学びを深める。研修後は報告会を行うとともに、研修報告書を作成し、内外に発信する。

メンバー構成

人数:50名程度

所属学年:
4年生 15名程度
3年生 10名程度
2年生 15名程度

属性:
・男女比 4:6
・語学力
  研修の際には英語が必要だが、語学力は全く問わない。
・インカレ。東京外国語大学アフリカ地域専攻の学生が多く所属(全体の3~4割ほど)。
それ以外にも、多くの他大学メンバーが参加している。
・アフリカの特定分野に強い興味を持っている人が多い印象。
 それ以外には、国際協力分野や国際機関などに興味があり参加する学生も多い印象。
・就職先は民間企業から省庁や政府系機関(JICAなど)多岐に渡る。
 就職後もアフリカに関わる仕事をしている人が多い。

活動頻度

勉強会は1年で2期に分かれる(前期4~6月/後期 9~12月)。
1回の勉強会期間は3~4ヶ月ほどで、週に1回程度勉強会の班で発表に向けた議論やミーティングを行う(主に駒場)。

オンラインでの議論など活動は特になし。
LINEを主に情報共有ツールとして利用するほか、執行部や企画の運営陣等はSlackを利用。

募集

入会:
全学年の学生が入会可能。

実態:
1年生に加えて、毎年度5〜10名程度、2年生以上も新規入会している。

入会手続:
選考無
新歓で行われるオリエンテーションと新歓勉強会に参加することを強く推奨。
4月末(GW前) からGoogle フォームを通じて入会を受け付ける。
・兼サー率はかなり高いが、徐々に一本化する人も多い。
・国際系ではUNiTeとの兼サーが多い(UNiTe代表も)。
・運動系サークルとの掛け持ちは多い。
 運動会の部との掛け持ちも数人所属。

年間予定

4月:新歓期間
5月~6月:新入生勉強会(通常の勉強会と並行して実施)
8月:夏の小旅行
9月:グローバルフェスタ参加
11月:駒場祭で企画実施
2月中旬~3月上旬:アフリカ研修(2020年度はルワンダ)

内部のホンネ

○魅力

・東大においてアフリカを学べる場が少ない中で、アフリカに幅広い興味を持つメンバーから、非常に多岐に渡る視点・分野からアフリカを学ぶことができる。
・アフリカ研修では、単独渡航より安全かつ安価にアフリカに渡航することができる。
・普段の活動、研修などで、各国大使館やJICAへの訪問、国際協力に関わる会議やイベントへ参加する貴重な機会がある。
・他のメンバーの発表、情報交換、リサーチを通してアフリカに対して自分が抱くイメージが、日々改められる面白さがある。
・議論好きな人が多く、活動以外でも様々なトピックの議論で盛り上がる。



△大変なところ

・勉強会の準備はそれなりに大変。(ただ班員や上級生のサポートは充実)
・アフリカ研修の渡航費は助成金で安くはなるものの、自費負担。

新歓日程詳細

4/6(月) オリエンテーション(団体・活動紹介&入会相談会⇨アフター)
*現メンバーより団体および活動内容について紹介する。
  その後相談会とし、入会を検討する方の質問や相談に対応。
  場所を移動して希望者でアフター食事会を実施。
4/10(金) オリエンテーション(団体・活動紹介&入会相談会⇨アフター)
*6日と同様
4/14(火) オリエンテーション(団体・活動紹介&入会相談会⇨アフター)
*6日と同様

4/18(土) 新歓勉強会
 MPJ Youthの活動の大きな軸となる勉強会を実際に行う。2019年度後期勉強会の中から
 幅広い分野の興味深い優秀発表を抜粋して紹介する。実際の勉強会発表の場を体験できる
 機会なので、入会検討者は参加を強く推奨する。

4/22(水) オリエンテーション(団体・活動紹介&入会相談会⇨アフター)
 *6日と同様

4/26(日) アフリカ料理交流会 (場所未定)
現役メンバーとともにアフリカ料理を実際に作る。
ソマリア料理のアンジェロとガーナのフフを予定。
交流会後に相談会も実施。

※例年開催の国際系合同新歓は中止