東大IPC

学生向け

東大内部

東京大学が100%出資する投資事業会社、起業支援機関。

目次

    基本情報

    正式名称

    東京大学協創プラットフォーム開発株式会社

    公式リンク

    https://www.utokyo-ipc.co.jp

    カテゴリー

    投資事業会社、起業支援機関

    対象者

    起業に興味がある、または起業準備をしている東京大学に関連するチーム

    概要

    東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東大IPC)では投資事業・コーポレートイノベーション・起業支援(インキュベーションサポート)の3つの活動を行っている。
    また、新規プロジェクトとして、ベンチャー企業とベンチャー企業に関心のある人材が求人・スカウト・情報収集を行うためのプラットフォーム「DEEPTECH DIVE」の運営も行なっている。
    ベンチャー企業の求人マッチングプラットフォーム“DEEPTECH DIVE”にご関心のある方はこちら( https://www.utokyo-ipc.co.jp/dive/


    投資事業
    東京大学が生み出した学術・教育・研究成果を社会に還元することを目指し、ベンチャービジネスの起業支援・育成を目指す投資、ベンチャーキャピタルへの投資、事業会社や研究機関などとの連携による新事業創出のための投資を行なっている。
    投資先企業としては、ライフサイエンス・宇宙・ハードウェア・IT/サービスを扱う企業などがある。

    コーポレートイノベーション
    ベンチャー企業と大企業のマッチングや、事業やプロジェクトのカーブアウトについて、成功事例の紹介や事業計画のアドバイスを行っている。また、東大IPCとしてそれに投資したり、他の投資家を紹介したりすることもある。
    カーブアウト:企業が事業などの一部分を切り出して、それを社外事業の一つとして独立させること
    上記2つの活動は企業を対象としたものだが、「起業支援(インキュベーションサポート)」「DEEPTECH DIVE」は学生も対象としているため、次以降の項目で詳説する。

    運営目標・理念

    起業支援・投資事業・コーポレートイノベーション3つの活動を通して、東大の学術・教育・研究成果をベンチャーを通じて社会還元し、それにより東大周辺のイノベーション・エコシステムを発展させ世界のイノベーションを加速することを目的としている。

    その他

    展開サービス1 : 起業支援プログラム”1st Round”

    内容
    創業3年以内の起業家または起業前のチームに対し、事業資金・ハンズオン支援・東大やパートナー企業のリソース提供をzero equityで行う。採択された企業もしくはチームに対しては実証実験・体制構築・広報・資本政策・資金調達など事業の実行支援を6ヶ月間行う。支援提供は個別面談を中心に行う。プログラム年2回開催され、各回約5チームが採択される。
    起業支援プログラム”1st Round”にご関心のある方はこちら( https://program.utokyo-ipc.co.jp/
    ※ハンズオン:出資者が投資先企業の経営に伴走し、事業の成長を手助けすること
    ※zero equity:株式の持分を対価として受け取らないこと


    プログラム応募後の流れ
    1ヶ月弱:採択決定期間…書類審査・一次審査・最終審査

    半月:契約締結期間…6ヶ月間の目標とアクションを共有

    6ヶ月間:支援期間…進捗管理・必要な支援の提供

    支援期間後:IPCメンバーとして永続的な協力関係を維持


    対象チーム
    VCなどから外部出資を受ける前の、グループの核に東大の学部生・大学院生・卒業生が参画しているなど、東大と関係のある、または支援期間中に東大と関係を築こうとする、創業3年以内の起業家または起業前のチーム
    実際に応募した約70チームのうち、学生チームは半分程度、学部生に限ると2割程度。学部生は東大が提供する起業家支援・育成プログラムである「アントレプレナー道場」や「本郷テックガレージ」参加者が多い


    採択までの流れ
    書類審査 : 事業計画プレゼン資料、1年間の活動計画・資金計画
    →一次プレゼン審査
    →最終プレゼン審査
    →6ヶ月のプログラム期間


    採択されたチームへの支援
    1st Roundの選考を経て、採択されたチームは以下の9つのサポートを受けることができる

    ①パートナー企業とのマッチング
    トヨタ自動車・ヤマトホールディングス・JR東日本スタートアップをはじめとした1st Roundパートナー企業との協業や実証実験を目的としたマッチングを支援。

    ②事業資金最大500万円の提供+東大IPCのパートナー企業と協業・実証実験をする際には上限500万円の実費を提供(事業資金として提供する金額は個別に決定)

    ③様々なクラウドサービスの利用権
    AWS10万ドル分利用券+技術支援、Google Cloud Platform2万ドル分+GSuite10人分をはじめとしたクラウドサービスを利用することができる。

    ④東大IPCからの月次のアドバイス・進捗管理

    ⑤弁理士・会計士などからのコンサルティング
    ベンチャー業界で著名な内田・鮫島法律事務所の鮫島先生をはじめとした弁護士・弁理士からコンサルティングを受けることができる。

    ⑥東大IPC会議室の貸与・東大インキュベーション施設への推薦
    ※インキュベーション施設:スタートアップを対象として、東京大学がオフィスや実験室を提供しているほか、会計・税務・法務などの専門家の紹介・投資家や企業の紹介など事業化のための支援を行っている

    ⑦IPCコミュニティへの参加
    東大IPCのパートナー企業、東大IPCの投資先・支援先、東京大学の産学協創推進本部などが参加している「IPCコミュニティ」に加わり、情報交流することができる。

    ⑧大学教員とのネットワーク
    東京大学の研究者の持つ知見や最先端研究施設はベンチャーの事業を強化する上で非常に有用である中で、そのアクセスを行う際の支援を受けることができる。

    ⑨提携アクセラレーションプログラム・ビジネスコンテストへの推薦
    ※アクセラレーションプログラム:IBM bluehubやJR EAST STARTUP PROGRAMなど、企業とスタートアップが共同して新たなビジネスの創出を行うプログラム


    選考に漏れたチームへのフォローアップ
    採択されなかったチームに対しても、特に有望であると東大IPCが認めたベンチャー企業や起業家には、東大IPCが事業計画のブラッシュアップのためのフィードバックやコンサルティングを行う。また、1st Roundに対しての応募は何回でも可能であるため、一度選考に落ちても再挑戦が可能である。



    展開サービス2 : ベンチャー企業の求人プラットフォーム“DEEPTECH DIVE”

    内容
    DEEPTECH DIVEとは、東大IPCの投資先を始めとした最先端Tech系ベンチャー企業(ライフサイエンス・AI・IT・ロボット・宇宙)とベンチャー企業に関心のある人材(起業家予備軍・CXO志望者・エンジニア・副業志望者など)によるクローズドプラットホームであり、ベンチャー企業・個人がそれぞれ会員登録を行い、求人・スカウト・最先端技術シーズの情報提供/収集などを行うことができる。
    東大IPCの投資先へのハンズオン支援の一環として運営しているため、ベンチャー企業は利用料・成約料など完全無料で利用することができる。

    ベンチャー企業の求人マッチングプラットフォーム“DEEPTECH DIVE”にご関心のある方はこちら( https://www.utokyo-ipc.co.jp/dive/


    企業会員
    企業会員は、東大IPCの投資先ベンチャー企業・1st round採択先企業が中心。ベンチャー企業に関心のある人材層向けに無料で求人掲載・スカウト・最先端技術シーズの情報発信を行う。


    個人会員
    個人会員は、ベンチャー企業に関心のある人材(起業家予備軍・CXO志望者・エンジニア・副業志望者など)を対象としている。
    キャリア情報などのプロフィール情報を登録(匿名化が可能)すると、求人への応募・スカウト待ち・起業のネタ発掘(最先端技術シーズやTech系ベンチャー最新情報取得)が可能になる。
    尚、スカウト返信・応募しない限り個人情報は厳に非公開となっている。


    Diveで使えるツール

    ①求人情報検索:エリア・職種・業種などの項目から絞り込んで企業や求人情報を検索できる

    ②企業へのコンタクト:個人会員は、「カジュアルに話を聞きたい」「求人内容の問合せ」「応募」の中から自分に合った目的を選択でき、企業と直接コンタクトを取ることができる。

    ③企業による人材検索

    ④企業会員・個人会員間でメッセージの送受信(双方に同意を得られた場合のみ)

    ⑤最新情報掲載:イベント、資金調達、起業支援に関する情報などを閲覧できる



    ベンチャー企業の求人マッチングプラットフォーム“DEEPTECH DIVE”にご関心のある方はこちら( https://www.utokyo-ipc.co.jp/dive/


    【お問い合わせ】
    東京大学協創プラットフォーム開発株式会社
    〒113-8485 東京都文京区本郷7-3-1
    東京大学南研究棟アントレプレナーラボ261
    Email: incubation@utokyo-ipc.co.jp
    Tel: +81-3-3830-0200 / FAX: +81-(0)3-3830-0183

    最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
    最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

    1. 公式LINEにてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!
    2020年度入学者用LINE
    2021年度入学者用LINE
    2022年度入学者用LINE

    2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

    記事内容修正依頼

    この記事をシェア

    関連記事

    SHIMOKITA COLLEGE

    多様性豊かな高校生・大学生・社会人が2年間寝食を共にする中で互いに学び合う教育プログラム。

    KYOSS(教育学部セイファー・スペース)

    本郷キャンパスにある学生の居場所を作ることを目的とする無料ラウンジ。

    Venture Café Tokyo (English)

    A community of a diverse group of innovators, including entrepreneurs, aspiring entrepreneurs, investors, and researchers.

    本屋 余白

    下北沢にある東大生が運営する書籍購入サービス。ある人がおすすめする本を、また別のある人が買うことができる。

    今読まれている記事

    推薦合格者必見!合格後の流れ

    東大 推薦 合格後の流れ

    東大推薦合格者必見!推薦入学の手続き

    東大 推薦 入学手続き

    東大推薦合格者必見!二外・TLP手続きには要注意

    東大 推薦 二外

    FLYプログラム概要

    新入生向け 海外 プログラム

    その他

    学生団体・サークル紹介

    団体理念、活動内容の側面で厳選した団体の質の高い情報を掲載中。

    ゼミ紹介

    1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

    学部/学科紹介

    内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、全学科の情報を掲載中。

    プログラム/施設紹介

    学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

    記事

    UTokyoWiFiの使い方や、図書館利用法など大学生活で役立つ多岐にわたる情報を掲載。

    公式note

    サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。