【第二外国語紹介】ドイツ語(文系)

大学で履修する第二外国語はもう決めましたか?
この記事では、東大で開講されている第二外国語の難易度・勉強法・試験の様子、それぞれのクラスの雰囲気をまとめました。「まだ第二外国語を決めかねている…」という人は、悔いのない選択をするための参考に、「もう決めた!」という人は予習がてらに、ぜひご一読ください!
 
この記事は2020年度文一二ドイツ語クラスに在籍していた一部の学生への取材に基づいて作成しています。クラスの雰囲気や試験の内容などは年度・クラスごとに異なる場合がありますのでご了承ください。

目次

    基本情報

    文一二クラスの場合、男女比は男子:女子=3:1程度である。一般的に文三クラスの場合は文一二クラスよりも女子が多い。

    ドイツ語について

    ドイツ語を選んだ理由

    ・元々ヨーロッパの言語を勉強してみたいと考えており、ドイツの歴史に関心があったから。
    ・フランス語とドイツ語で迷ったが、ドイツ語の方が真面目な人が多そうだと感じたから
    ・ドイツの音楽に関心があったから。
    ・元々中国語を第一希望、ドイツ語を第二希望にしていて、ドイツ語に振り分けられた。
    ・以上のような理由でドイツ語を選択した人もいる一方で、「なんとなく」ドイツ語を選択した人も一定数存在する。
     

    ドイツ語の難易度

    文法:文法事項(時制など)自体は英語とほぼ同じだが、以下の2点は苦労する人が多い。
    ①格変化 名詞が男性・中性・女性の3種類に分類される。同じ名詞でも文章中で果たす役割(主語・直接目的語・間接目的語など)に応じて1格〜4格に変化する。それに応じて冠詞や形容詞が変化するため、暗記するのがかなり大変。特に作文では苦労する人が多い。さらに、不規則に変化する冠詞や名詞もある。
    ②語順 語順には明確な規則が存在していないが、特定の語順が「感覚的に間違い」だとされる場合がある。この感覚を身につけるのが難しい
    語彙:英語と似ているものが多いので、英単語への理解があればさほど難しくはない。また、英語と一対一で置き換えられる単語が多い。一方、似ている単語が多数あるのでややこしく感じる。(例)laufen=走る、lachen=笑う、rauchen=喫煙する
    発音:ほぼローマ字読み。
    文字:ほぼアルファベットと同じなので覚えるのに苦労はしない。
     

    勉強の方法

    暗記するべき量が多いが内容は難しくない。そのため、勉強した分だけ成績が上がる。特に単語や格変化をしっかり覚えることが重要。
     

    成績評価について

    成績のほとんどは試験で決まる。クラスによっては期末試験のほかに中間試験を行うところもある。
     
    試験さえできれば単位を落とすことはなく、クラスの大半はある程度勉強してテストに臨む。そのため、成績は勉強量に準ずると言える。
     
    2020年Sセメスターのオンライン試験は、持ち込み可(教科書や辞書を参照しながら試験を受けることができる)だった。そのため、30分の試験時間では解き終わらない膨大な量の問題が出題された。その結果、成績は、クラスで「優」が数人、「可」が大半、という事態が発生した。
     
    2020年度Aセメスターでは中間試験と期末試験が対面で行われた。持ち込みは不可。そのため、問題量もそれほど多くなく、試験時間に解き終えることができる量だった。

    クラスの雰囲気

    全体的に、コミュニケーションに関して受動的な人が多い。お互いに仲良くなりたいとは思っているが、クラス会などを自ら率先して主導する人は少ない。また、男女の垣根を超えてというよりは、男子同士・女子同士の繋がりがメインになっているクラスもある。授業が終わったらすぐに帰る人が多く、クラスLINEでの交流や情報交換があまり活発ではないクラスもある。
     
    所属するサークルについては、運動系サークルに入っている人が多いクラスもあれば、運動系サークルと文化系サークルが半々のクラスもある。学生団体やゼミに入っている人はそれほど多くはない。
     
    クラス内行事については、実際にクラス旅行を計画したり実行したりしているクラスも存在する。しかし、クラス全体よりもクラス内の仲良しグループでの交流が中心。クラスの一部で集まったり、男子だけで授業後に食事に行ったりすることが多い。
     
    「ドイツ語クラスの学生は真面目」だと言われることが多いが、クラスによって真面目さの度合いには偏りがある。学生のほとんどが授業を集中して聞き、遅刻する人やサボる人がほとんどいないクラスがある一方で、授業中に雑談をしたり授業をサボる人がいるクラスもある。
     
    シケタイ(クラスの中で、各科目に割り当てられる試験対策係。「シケプリ」と呼ばれる試験対策プリントを作成したり、過去問を集めたりする。)に割り振られた人はきちんと仕事をこなし、上クラ(新入生と同じクラス番号の2年生)からもシケプリが回ってくるので、試験対策に困ることはあまりない。
     
    基本的には興味本位で授業をとっている人が多いが、楽単(楽に単位を取れる授業)をメインにとっている人も少数ながら存在する。クラスみんなで同じ授業を受けよう、という流れはなく、個々人で取りたい科目を履修している。

    ドイツ語を学ぶメリット・デメリット

    メリット

    ・発音が簡単
    ・文法事項が難しくない。英語をちゃんとわかっていればつまずくことはない(英語で文章を作った後にドイツ語に直す、という作業をすれば、ドイツ語作文もそれほど難しくない。)
     

    デメリット

    ・格変化の暗記がとても大変なので、暗記が苦手だと日々の学習に苦労する。
    ・作文の時に、単語一つ一つに対して格変化を考慮する必要があるため、ケアレスミスが起きやすい
    ・暗記だけではなく感覚が問われる要素もあるので、暗記+感覚の両方の能力が必要。

    内部の本音

    ドイツ語クラスには真面目な人が多いので、しっかり勉強に励みたい人にはドイツ語クラスをおすすめできる。一方で、「勉強は程々にしていっぱい遊ぼう」と考えている人にはドイツ語選択をおすすめしない。
     
    いわゆる「ウェイ系」とされている人がドイツ語クラスにはあまりいない。また、ドイツ語クラスには優しい人が多く、「勉強も一緒にできるし、遊ぼうと思えば一緒に遊びに行ける友達」を作ることができる。ただし、クラスによっては男女間の交流をあまり期待できないことがあるので注意が必要。

    最後に

    最後までお読みいただきありがとうございました。
    ここで、第二外国語についてもっと深く知りたいという方は、UmeeTさんの記事第二外国語徹底比較も併せて確認しましょう!学生アンケートのサンプル数が豊富なので、「クラスの雰囲気についてもっと知りたい!」「東大生の生の声をもっと聞きたい!」という方はぜひご覧ください!

    最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
    最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

    1. 公式LINEにてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!
    2020年度入学者用LINE
    2021年度入学者用LINE
    2022年度入学者用LINE

    2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

    記事内容修正依頼

    この記事をシェア

    関連カテゴリー

    第二外国語紹介

    第二外国語について、各言語の難易度・勉強法・成績評価の方法・クラスの雰囲気などを解説。

    関連記事

    【第二外国語紹介】ドイツ語(理系)

    ドイツ語 入学 第二外国語

    【第二外国語紹介】韓国朝鮮語(理系)

    韓国朝鮮語 入学 第二外国語

    【第二外国語紹介】中国語(理系)

    中国語 入学 第二外国語

    【第二外国語紹介】スペイン語(文系)

    スペイン語 入学 第二外国語

    今読まれている記事

    推薦合格者必見!合格後の流れ

    東大 推薦 合格後の流れ

    東大推薦合格者必見!推薦入学の手続き

    東大 推薦 入学手続き

    東大推薦合格者必見!二外・TLP手続きには要注意

    東大 推薦 二外

    FLYプログラム概要

    新入生向け 海外 プログラム

    その他

    学生団体・サークル紹介

    団体理念、活動内容の側面で厳選した団体の質の高い情報を掲載中。

    ゼミ紹介

    1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

    学部/学科紹介

    内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、全学科の情報を掲載中。

    プログラム/施設紹介

    学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

    記事

    UTokyoWiFiの使い方や、図書館利用法など大学生活で役立つ多岐にわたる情報を掲載。

    公式note

    サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。