株式投資クラブ
AGENTS

投資

少数精鋭

会計

銘柄発表

少数精鋭の投資サークル。

目次

    基本情報

    執行代

    なし

    人数

    20名前後

    選考情報

    なし

    年会費

    年会費自体はかからないが、会計の参考書の購入に約2,000円ほどかかる

    活動頻度

    週1回日曜日(AM10:00-11:30)

    Twitter

    https://twitter.com/todai_agents

    公式サイト

    https://utagentsclub.wixsite.com/website-1

    公式メアド agents.shinkan[a]gmail.com
    ([a]を@にしてメールを送信してください)

    活動の様子




    概要

    ■理念/指針・沿革

     東京大学株式投資クラブAgentsは、株式投資を通じて社会や経済を学ぶとともに、学生という立場を活かし、メディア金融のプロと一般の方の「仲介人(=Agents)」となるべく活動している。
     Agentsの名前の由来は、勉強会で身につけた知識を通して、難しくよくわからないと考えられがちな金融に関する情報を社会へ発信する仲介者、という意味である。
       

    ■活動内容

    《ビフォーコロナ》
     東京大学株式投資クラブAgentsは2003年に設立され、設立当時は投資クラブの先駆けとして、そして現在では最も歴史ある大学の投資サークルの1つとして活動を続けている。現在では14期〜16期のおよそ20名の東大生からなるメンバーを中心に活動している。
     
     毎年、新しい期のメンバーを募集に対して多くの入会希望者がいるが、人数を絞ることで少数精鋭のサークル運営を行っている。
     
    ※似ている各団体の比較
    ・瀧本ゼミ企業分析:「意思決定の手段」として投資を扱っている。少数精鋭の団体。
    ・AGENTS:学生どうしで銘柄発表を行う、少数精鋭のクローズドな団体。
    ・金融研究会:後援の社会人の方を呼んだ勉強会を活動の中心とする団体。敷居が低く、学生の人数も多い。
     
    《アフターコロナ》
     2020年度の活動は全面オンラインだったが、2021年度はコミュニティプラザなどを利用し、対面での活動を積極的に実施することを想定している。
     なお、2021年度の活動内容について、前期は会計を学んだり銘柄を発表したりすることが中心だが、後期は投資コンペ(12月)にも出場するなど、実践的な場も設ける予定。
     団体OBOGは現在オンラインの活動に隔週でいらっしゃり、銘柄発表についてコメントをしてくださるほか、質問会を実施することも。来てくださるOBOGの方の中には、14年前の卒業生もいらっしゃる。
     

    ■OBOGの進路/活動 

    〈進路〉
    ・プログラミングを通してデータ分析を行うこともあり、工学部に進学する人もいる。
    ・OBOGは、活動を通して得た知識や経験を活かすことのできるヘッジファンドや投資銀行で働いていらっしゃる方が多い。
     
    〈諸活動例〉
    ・インターン案件を紹介してくださるOBOGの方もいらっしゃる。

    メンバー構成

    ■メンバー構成

    〈人数〉
    約20名
     
    〈学年〉
    ・2年生 10名未満
    ・3年生 5-6名程度
    ・4年生 5-6名程度
     
    〈執行代〉
    特に決まっていない。代表が年度始めに各勉強会などの運営担当者を決定し、役職を割り振る。
     
    〈男女比〉
    男:女=約9:1で、普段の勉強会等に集まる女子メンバーは数名程度。
     
    〈加入時期〉
    ・4月が新歓時期だが、入会自体は1年中受け付けており、新入生以外の入会者も時折見受けられる。
    ・夏から参加する人もいるが、活動の中心になっていくことが多いのは4月入会者。
     
    〈属性〉
    ・理Ⅰの学生が多く、文系でも進振りで理転する人が多い。背景には、システムトレード(数字のみを見て傾向を判断し、投資する方法)には工学部の知識が役立つという事情がある。
    ・入会している学生は東大生がほとんどで、他大の学生は現在いない。
    ・兼サー率は高い。東大金融研究会、TNK(起業サークル)などのほか、運動系なども。
     
    〈離脱率〉
    ・普段の活動に参加する学生の人数は次第に減少していくが、団体自体を抜ける人はほぼいない。

    活動実態

    ■組織体制

    〈執行代〉
    なし
     
    〈体制〉
    代表が年度始めに各勉強会などの運営担当者を決定し、役職を割り振る。

    活動頻度

    〈通常活動〉
    週1回日曜日に、駒場図書館のグループ学習室にて勉強会を行う(現在はオンライン上で実施)。
    ・DCF(会社が将来生み出す価値を割り引いて現在価値に換算する方法)を自らやるなど、会計の基礎知識を身につけるため、入会1年目の夏休みまでの前期は読書会が中心。1年目秋以降は、個人ベースでの銘柄発表や読書会で扱わない分野の勉強会、OBOGを招聘した講演会を企画・開催する。

    年間予定

    5月~7月:株に慣れていない学生は会計の勉強をし、株に慣れている学生は、レポート発表に向けた準備をする。
    6月;:OBOG会
    7月:レポート発表
    10月~12月:レポート発表
    1月:OBOG会
    ※夏休み・春休みは自主的な活動が行われることもある。

    募集情報

    〈選考〉
    なし
     
    〈募集対象〉
    全学年
     
    〈実際に入会する人〉
    1年生の入会が多いが、2年生以上の入会もいる。
     
    〈入会手続き内容〉
    例年は選考を行っていたが、今年度は選考は実施しないこととなっている。
    入会にあたっては、Agentsの新歓メール(agents.shinkan[a]gmail.com([a]を@に置き換えて送信))まで入会の旨を連絡するか、Agentsのホームページから入会フォームを送信する必要がある。5月から本格的な活動が始まる。

    内部のホンネ

    ○魅力

    ・15年以上続く団体であるため、OBOGとのつながりがある(東大は早慶に比べて縦が弱い環境である)。
    ・インターン紹介の案件も、金融関係については割のいいものを得やすい環境。
    ・ファイナンス、経済周りを理論だけでなく現実に近い接点で持つことができる。
    ・小さい規模なので、フレキシブルな対応が可能。



    △大変なところ

    ・投資に夢をもって入会する学生が多い一方で、勉強を重ねていく中で「コスパの悪さ」という現実に気づくことが多い。

    新歓日程詳細

    ・オリジナル新歓は実施せず、UT-BASEの11日MeetUpが最後のオンライン新歓となる。
    ・5月の対面サーオリには参加しない予定。

    最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
    最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

    1. 公式LINE にてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!

    2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

    記事内容修正依頼

    この記事をシェア

    関連カテゴリー

    ビジネス・投資

    ファイナンスやその他ビジネスの分野を座学で学ぶ、またビジコンや起業など、実践に移す団体。

    関連サークル

    KING

    「学生による学生のためのビジネスコンテスト運営団体」として国内最大のビジコンを開催している学生団体。

    東大金融研究会

    社会人の後援を受けて金融を実践的に学ぶ学生団体。

    ソニー東大藝大 社会連携講座

    東大生と藝大生で共にアイデアを生み出し、起業家精神を持って社会実装に挑戦するセッション。

    TNK

    メンバーの多くが起業を目指す、インカレ起業サークル。

    今読まれている記事

    ブックマーク化推奨!東大のウェブサイト

    お役立ち情報 ウェブサイト

    【第二外国語紹介】韓国朝鮮語(理系)

    韓国朝鮮語 入学 第二外国語

    UTokyo Library 101

    The University of Tokyo School Library UTokyo Library

    UT-BASE x NewsPicks #1 キャリア・就活編

    キャリア 就活 2、3年生向け

    その他

    学生団体・サークル紹介

    団体理念、活動内容の側面で厳選した120団体の質の高い情報を掲載中。

    ゼミ紹介

    1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

    学部/学科紹介

    内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、105学科の情報を掲載中。

    プログラム/施設紹介

    学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

    記事

    第二外国語紹介をはじめとして、TLP、FLYプログラムなど多岐にわたる情報を掲載。

    公式note

    サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。