OVAL JAPAN

日中韓

ビジコン

1年生執行代

国際交流

共生

WAAV

インカレ

コンテスト

イベント運営

ビジネス

基本情報

執行代

1/2年生

人数

30~40人(Aセメは20人前後)

選考情報

あり

年会費

なし

活動頻度

週1木曜日19時~@Zoom(今春から対面の可能性あり)

公式Twitter

https://twitter.com/oval_japan

公式Facebook

https://www.facebook.com/OVAL.biz/

公式LINE

https://lin.ee/u30ilAh

公式Instagram

https://www.instagram.com/ovaljapan/

公式サイト

https://www.oval-japan-official.org/

公式メアド ovaljapan.gakusei[a]gmail.com
([a]を@にしてメールを送信してください)

活動の様子




概要

■理念/指針・沿革

OVALという団体名は"Our Vision for Asian Leadership" (「東アジア初のグローバルリーダーの輩出」)という理念に基づき、2003年にBuisiness contest KINGで知り合ったメンバーが意気投合して結成された。(こうした経緯から、1990年代に日本最大の学生シンクタンクWAAVから派生した、KING及び政策立案コンテストを運営する学生団体GEILとは姉妹団体であり、イベントや新歓で連携している。)

その後は”IBC(International Business Contest for Students)”すなわち「学生のための国際ビジネスコンテスト」を、2005年に中国で行って以降、毎年日中韓いずれかの国でビジネスコンテストを開催している。
 

■活動内容

《ビフォーコロナ》
IBC(学生のための国際ビジネスコンテスト)は、OVAL JAPANが中国・韓国の実行委員会であるOVAL CHINA, OVAL KOREAと協力して開催する。IBCでは、日中韓3カ国から参加者の募集と選考が行われた後に、各国から1人ずつの3人1組でチームを結成する。各チームは毎年与えられたテーマに沿ってビジネスプランを策定する。

なお、テーマの例としては”Make an online business plan about services or products that seniors specifically can use.”(高齢者向けのオンラインサービスの提供)や”Make a business plan using gamification to solve problems in education.”(ゲーム要素を用いた教育上の問題解決)などが過去にはあった。参加者はコンテスト前に2~3回開催される勉強会に参加して大手コンサルに勤めている社会人からビジネスプランを立てる手順や注意点を学ぶことに加え、2日間本番に近い形でビジネスプラン策定を学ぶPre IBCというイベントに参加できるというサポートを事前に用意している。

また、各国の実行委員会のスタッフが毎年冬に交流する「スタッフ交流プログラム(SEP)」の企画・運営なども行う。
 

《アフターコロナ》
ミーティングがオンライン化し、IBCを含め開催するイベントも全てオンライン化したものの、イベントそのものの骨子に変動はない。なお、IBCの運営に渡航費や宿泊費がかからなくなったことから、資金面では良い変化も見られる。

メンバー構成

人数
・毎年30~40人(Aセメは20人前後)

学年
・2021年3月現在、新2年生がメンバーの大半を占め38人。

男女比
1:3(例年は同数程度)

加入時期
4月と9月

属性
・1/4早稲田、1/4上智、1/8東大、1/8慶應、その他一橋、青学、立教など。
・文系多め。
・帰国子女、留学生も多いが、英語が得意でなくても意思疎通したいという気持ちがあれば全く問題なし。
・コミュ力が高い人が多く、団体内交流も盛んである。
・兼サー率は75%と極めて高い。運動系や他の国際系サークルとの兼サーが特に多い。
・企業で長期インターンしている人や引退後に長期インターンを開始する人が多い。(現役のOVALの学生の中では3割強)

離脱率
選抜が厳しいこともあり離脱率は極めて低い。

組織体制

執行代
9月に代表選・副代表選が行われ代替わり。以後1年間執行代。

体制
組織は局体制をとっており、総務局・ケース局(ビジネス関連の統括を行う)・広報局・デザイン局・学生対応局(参加者情報とスタッフ情報の管理や参加者対応、参加者との連絡などを行う)・プログラム局(イベントのコンテンツ設計や内部でのレク設計を行う)・渉外局の7局メンバーが分かれて活動。

活動頻度

通常活動
全体会議:毎週木曜日19時~@Zoom
局会議:全体会議の後に1時間程度

コンテスト/イベント前後の期間
局会議が週に2~3回に増えるほか、個人が行う業務量は確実に増えるものの他の活動との両立が難しいわけではない。

年間予定

4月:春新歓
5月:春合宿(実施は感染状況次第)
6月:IBC参加者説明会&参加者向け選考会、参加者向け勉強会
7月:Pre OVAL
8月初:IBC国際ビジネスコンテスト
10月:秋新歓、選考→10月中にはメンバー決定
11月:秋合宿
2月:スタッフ交流プログラム(SEP)

募集情報

選考あり

募集対象
1・2年生

実際に入会する人
1年生が多いが、2年生も1割ほど。

入会手続き内容
応募後に書類選考、面接選考を経て選抜された学生がLINEグループとSlackに参加して入会が確定する。

内部のホンネ

○魅力

・英語を鍛えることができる(中韓のトップ層の大学生とオール英語で交流)
・局によってはビジネス知識や広報の仕方、デザイン知識などを身につけられる。
・学生団体を代表して社会人と絡む場面が多く、インターンや就活のメリットになることが多い。
・200人以上参加する国際イベントの企画運営という、大きなものを作り上げる経験が得られる。
・恋愛が盛んな代もある。



△大変なところ

・200人規模のイベントを運営する難しさ。
・バックグラウンドが様々な外国人と1つのゴールを目指すうえで、言語や価値観の面で意思疎通に工夫が必要。
・OBOGとの交流が少ない。

新歓日程詳細

・4/3(土)  
→UT-BASE主催・WAAV合同新歓(AIESEC参戦)
・4/4(日) 、4/11(日)  
→UT-BASE主催・東大オンライン合同新歓
・4/10(土)、 4/15(木)、4/18(日) 19:30~21:00(予定) 
→OVAL JAPAN 単独説明会
・4/17(土) 15:00~17:00(予定),4/18(日) 15:00~17:00(予定) 
→UTmap 春の国際系団体合同新歓
・4/23(金)~27(火) 面接
・4/30(金) 合否通知

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

1. 公式LINE にてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!

2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

記事内容修正依頼

この記事をシェア

関連カテゴリー

国際交流・語学

東大生に対して海外大生や国外での交流や体験活動を提供する団体。

イベント企画

大学生や高校生を対象としたイベントを企画したり、様々な問題を外部に発信したりする団体。

関連記事

HCAP Tokyo

討論・文化交流によるカンファレンスへの参加と企画・運営を通じてハーバード大学生と交流する学生団体。

default-image

平和のために東大生ができること (軍縮ゼミ)

戦争と平和、これらにまつわる諸問題について再考するゼミ。毎年国際研修も行われる。

京論壇

北京大と東大とで学術交流を行う学生団体。

GNLF

約10カ国30名規模の国際会議を企画・運営し、議論や文化交流を通じて国際交流を行うサークル。

その他

学生団体・サークル紹介

団体理念、活動内容の側面で厳選した103団体の質の高い情報を掲載中。

ゼミ紹介

1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

学部/学科紹介

内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、71学科の情報を掲載中。

プログラム/施設紹介

学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

記事

第二外国語紹介をはじめとして、TLP、FLYプログラムなど多岐にわたる情報を掲載。

公式note

サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。