野原ゼミ

経済学部ゼミ

経済学史

基本情報

執行代

4年生 毎年秋に次期ゼミ長、新歓係、フットサル担当を3年生間で話し合って決める。

人数

3年生9名、4年生5名

参加学年

3・4年のみ

選考

あり

活動頻度

毎週火曜4限 ※延長することはほぼなく、定刻には必ず終了します。

卒業論文

なし

ゼミ論

なし

サブゼミ

あり

2年間の
合計単位数
8単位
公式Twitter

https://twitter.com/nohara_seminar?s=21

概要

〈内容〉
ひろく経済学の古典テクストを輪読し、その内容について仲間と語らうことをとおして、経済学史の歩んできた道のりをたどり、経済学の学問的奥義に触れる。多様なテクストを様々な視点から批判的に分析する眼力を養いつつ、資本主義の本質について理解を深めることを目標とする。
〈授業計画〉
両学年混合で活動する。両学期で指定文献の輪読を行う。
ゼミ論を書くことはしない。
輪読については、選書を先生が行う。学生が希望を出すこともできる。2020年度夏学期では『市場・知識・自由』(F. A. ハイエク著、田中真晴・田中秀夫編訳、ミネルヴァ書房)、秋学期では『経済学および課税の原理』(D. リカードウ著、羽鳥卓也・吉澤芳樹訳、岩波文庫 )を扱っている。
〈野原慎司先生について〉
平成16年3月京都大学経済学部経済学科卒業
平成18年3月京都大学大学院経済学研究科経済システム分析専攻修士課程修了
平成22年9月京都大学大学院経済学研究科経済システム分析専攻博士後期課程 研究指導認定退学
平成24年3月京都大学大学院経済学研究科経済システム分析専攻博士後期課程修了 京都大学博士(経済学)
平成26年4月東京大学大学院経済学研究科講師
平成29年4月–東京大学大学院経済学研究科(経済学部)准教授
※詳細は経済学部HPより参照 
 
〈他ゼミ比較〉
「経済史」ではなく「経済学史」を学べる唯一のゼミ。学としての経済学そのもののあり方、その学問的・思想的な背景に関心のある人向け。

メンバー構成

・人数:3年生9名、4年生5名。
・属性:全員が経済学部生。所属コミュニティとしては、テニス部、ゴルフ部など運動系の部活が多いが、文化系サークル所属者もおり、多様である。
・性格:各人が自分のペースを大切にしており、真面目で、和やかな人が多い。継続的に筋トレで身体を鍛えるなど、こつこつと努力するタイプの人が多い。先生とゼミ生で食事会をしたりすることもあり、和気藹々と活動している。
・兼ゼミ先:特になし。
・就職先:国家公務員等。大学院への進学も。

活動頻度

毎週火曜4限。
9月に行われる経済学クラシックスの準備期間には、夏季休業中に臨時的に会合することもありうる。

募集

原則、経済学部の3年生または4年生を新規で受け入れている。2020年度は一次募集で終了したが、2次募集をする年度もある。選考は経済学部のスケジュールに準じて行う。
 
応募に際しては、第1回のゼミで簡単な面接を行う。エントリーシートの提出は不要。自己紹介、野原ゼミで勉強したいこと等を面接で問う。
 
募集人数は定めていない。選考は先生が行っている。

年間予定

両セメスター共に毎週火曜日の4限にゼミを行う。
 
9月:大学対抗経済学部ゼミ発表大会(経済学クラシックス)
東洋大学、都立大学、近畿大学、群馬県立女子大学をはじめとする全国の大学の経済学部のゼミ生が一堂に会し、大学対抗で各々の設定したテーマについてプレゼンテーションを行う大会。各大学は経済学の古典を援用して自分たちの主張を効果的に届ける技能を競い合う。先生方と学生がそれぞれ審査し、優れたゼミを表彰する。本番のプレゼンテーションや質疑応答を通して他大学の学生らと意見を交換することができるのはもちろん、本番までの準備で調査、原稿・スライド作成、プレゼンテーションの技能を養成できる。2020年度はオンラインで行われた。
3月:卒業旅行

内部のホンネ

○魅力

・先生のお人柄もあり、非常に穏やかな雰囲気。
就活に関しても社会人との座談会の場を提供してくださったり、ゼミの学習以外の面でのサポートもある。
・きつすぎないので、部活など、ゼミ以外でも時間を割きたいものがある人にとってもとてもやりやすい環境。
・パッと思いついたような意見や感想でも先生が必ず肯定してくれるので、萎縮しなくて良いというのはかなり安心できる。
・2019年度開講の新しいゼミなので、伝統が浅い。その分、自由に活動できる可能性が開ており、自分たちの手でゼミの伝統を作り上げていくことができる。
・ゼミの予習は文献を読むことが中心となるので、我こそは活字中毒という方にはもってこいのゼミ。
・経済学の領域を超えて広く社会学、哲学、歴史への興味をも十分に満たすことのできる学びを得られる充実感は大きい。



△大変なところ

・昔の文章を扱うので、言葉の言い回しが難しい。内容としても、非常に抽象的なものも多い。
・自分の意見を持つことが求められる。受動的に参加するのではなく、常に自分の意見を考えること、相手に分かりやすく伝えることが求められる。
・9月の経済学クラシックスでは、普段のゼミの仲間内での発表とは異なり、異なる文化の学生にも分かりやすく効果的にプレゼンテーションをすることが求められる。

新歓日程詳細

Twitter新歓アカウントにて告知。(3月頃から稼働開始か)
例年は、12月に駒場で、また3月末~4月頭に本郷でゼミ説明会が行われる。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

1. 公式LINE にてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!

2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

記事内容修正依頼

この記事をシェア

関連記事

林ゼミ

租税や社会保障などの財政分野を取り扱うゼミ。

大橋ゼミ

産業組織論(応用ミクロ)を学ぶ経済学部のゼミ。

佐藤整尚ゼミ

プログラミング言語Pythonを使ってのデータ分析やデータマイニングを行う経済学部のゼミ。

矢坂ゼミ

農業経済学を学ぶ経済学部のゼミ。

その他

学生団体・サークル紹介

団体理念、活動内容の側面で厳選した106団体の質の高い情報を掲載中。

ゼミ紹介

1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

学部/学科紹介

内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、81学科の情報を掲載中。

プログラム/施設紹介

学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

記事

第二外国語紹介をはじめとして、TLP、FLYプログラムなど多岐にわたる情報を掲載。

公式note

サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。