佐藤泰裕ゼミ

経済学部ゼミ

ミクロ

都市経済学

地域経済学

実証分析

基本情報

執行代

ゼミ長は3A~4S。 OBOG係や新歓係については3年生が主に行い、4年生はサポートに回る。 係は3Sのゼミ中に決める。

人数

3年生10名、4年生11名 ※原則10名前後。

参加学年

3・4年のみ

選考

あり

活動頻度

毎週木曜4限、サブゼミは木曜5限

卒業論文

なし

ゼミ論

あり

サブゼミ

あり

2年間の
合計単位数
12単位
公式Twitter

https://twitter.com/ysato_seminar

概要

〈内容〉
経済学の応用分野としての都市経済学・地域経済学について学ぶ。具体的には、人口移動・都市集積のメカニズム、都市構造の分析、企業立地、地方自治体の政策分析などを学習し、議論を行う。駒場で学んだミクロ経済学をベースとする。
 
卒論は必須でないが、その上で卒論を書きたい4年生はゼミ論執筆には参加せずに各自で執筆を進める。卒論を書かない学生や3年生は、グループ分けを経て、グループごとにゼミ論を執筆する。
 
 
〈授業計画〉
両学年ミックスで活動する。
Sセメスターでは、まず始めに『都市・地域経済学への招待状』(佐藤泰裕、有斐閣ストゥディア)を10週ほどかけて3年生を中心に輪読する。その後は先生やゼミ生で話し合って扱う教科書を決め、4年生を中心に輪読を進める。現時点では『Rによる地理空間データ解析入門』(Chris Brunsdon・Lex comber、共立出版)が候補に挙がっている。
Aセメスターでは、3.4年生混合で5班に分かれ、班ごとにゼミ論の執筆を進める。例年都市経済学に関わるテーマが多く扱われるが、先生は「テーマは何でも良い」とおっしゃっている。
また、サブゼミ(※)が木曜3限に行われ、単位認定も行われる。そちらでも輪読を行う。
昨年は『計量経済学の第一歩:実証分析のススメ』(田中隆一、有斐閣ストゥディア)を輪読した。
  
※サブゼミ:ゼミの前後に行われる補習時間のこと。経済学部的にはプロアクティブラーニングセミナー(プロアク)とされる。サブゼミが、プロアクとゼミに認定された場合は単位が認められ、そうではなければ認められない。事前に特定のメンバーが監督者(4年生または院生)となり、受講者の名前・学生証番号も全て登録しておく。
 
〈佐藤泰裕先生について〉
大分県別府市出身。
大分県立別府青山高校卒業。
東京大学経済学部・東京大学大学院経済学研究科卒業。
2002年、博士(経済学)(東京大学)
現在:東京大学大学院経済学研究科教授
 
経歴の詳細はこちら
 
 
〈他ゼミ比較〉
都市経済学を学ぶことができる唯一のゼミであり、「都市」に興味を持つ学生が多い。

メンバー構成

・人数:3年生10名、4年生11名。女子率は2-4割程度と、人数が少ないこともあってか代により変動が大きい。
・属性:全員が経済学部生。兼ゼミの割合は年によって変わる。所属コミュニティは運動会からノンサーまで多様。
・兼ゼミ先:松井ゼミ、林ゼミ、別所ゼミ、西村ゼミなど多様。
・就職先:日系大手が多い。日銀に行く人の割合も高いように思われる。

活動頻度

毎週木曜4限。サブゼミが木曜5限に開講され、単位認定も行われる。

募集

〈募集内容〉
原則、経済学部の3年生を新規で受け入れており、4年生の募集は無い。例年一次募集で終わってしまうことが多い。選考は経済学部のスケジュールに準じて行う。
 
 
〈応募の流れ〉
①志望動機書の提出(A4で1〜2枚程度)、成績の提示
②「ゼミ論でやりたいこと」を動画or文書でまとめて提出
 
募集人数は毎年10名程度。選考は先生が行っている。昨年の倍率は3倍前後。

年間予定

両セメスター共に毎週木曜日の4限にゼミを行う。
 
夏休み:9月にゼミ合宿を行う(今年度はオンラインで1日のみ開催)。事前に決めた班に分かれ、Aセメで扱うゼミ論のテーマを決める。
 
11月~12月:OBOG会
OBOG会は歴代の先輩方が一堂に会するイベント。年の離れた先輩方とも仲良くなる貴重な機会になっている。今年はオンラインで開催。
 
1月:
インゼミは例年京都大学の文ゼミと行う。互いのゼミ論を発表する。今年はオンラインで開催予定。他大の友達も増えるかも!

内部のホンネ

○魅力

・唯一の都市経済学のゼミ
・ゼミの雰囲気が良く、オンラインでも発言しやすい(ゼミ長がうまく話をみんなに振ってくれる)
・学年内の仲が良い。
・旅行や鉄道が好きな人が比較的多く、その話で盛り上がれる。
・ゼミ論の自由度が高く、好きなことができる。先生曰く「都市経済以外のテーマでも全然構わない」とのこと。
・ゼミ生が個性豊か(運動部員から学生経友会、ノンサーの自由人まで様々)。
・学問的好奇心が強く優秀な人が多い。進振り最高点の人がいるとかいないとか。
・2年間かけて理論と実証の両方を学べる。
・サブゼミで計量経済も学べる。



△大変なところ

・選ぶ教科書によっては輪読が重い。
・発表がやや多い(今年のAセメは各班がゼミ論の進捗報告を毎週やる感じだった)。
・ゼミ論が自由な分、自分たちでやらないといけない(でも先生は丁寧にアドバイスをくれる)。
・なぜか地方出身者が少ない。

新歓日程詳細

Twitter新歓アカウントにて告知(既に稼働開始済)。
例年は12月と3月末~4月頭にゼミ説明会が行われる。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

1. 公式LINE にてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!

2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

記事内容修正依頼

この記事をシェア

関連記事

植田ゼミ

マクロ経済・国際金融を扱う経済学部のゼミ。

新井ゼミ

コーポレートファイナンス・バリュエーションを学ぶ経済学部の自主ゼミ。

伊藤元重ゼミ

国際経済/経済政策などの時事経済を扱う経済学部の自主ゼミ。

別所ゼミ

計量経済学的手法を用いて実証分析を行うゼミ。

その他

学生団体・サークル紹介

団体理念、活動内容の側面で厳選した106団体の質の高い情報を掲載中。

ゼミ紹介

1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

学部/学科紹介

内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、81学科の情報を掲載中。

プログラム/施設紹介

学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

記事

第二外国語紹介をはじめとして、TLP、FLYプログラムなど多岐にわたる情報を掲載。

公式note

サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。