星ゼミ

経済学部ゼミ

日本経済

経済政策

政策評価

EBPM

基本情報

執行代

ゼミ長は4年生だが、基本的には3年生も含めたゼミ生全員が何らかの役職につく。

人数

昨年度は3年生5名、4年生4名。来年度も同程度の募集を予定。

参加学年

3・4年のみ

選考

あり

活動頻度

毎週木曜4限

卒業論文

なし

ゼミ論

なし

サブゼミ

あり

2年間の
合計単位数
8単位
公式Twitter

https://twitter.com/thoshi_seminar

概要

〈内容〉
①日本経済、経済政策に関するいくつかの研究テーマを設定し、共同研究を行う。
②並行して、様々な文献の輪読を通して、証拠に基づく政策形成(EBPM)についての基本的な知識を習得する。

〈授業計画〉
年間を通して両学年ともに上述した研究と輪読を並行して行う。
また、研究を進めるに当たって必要となる知識の習得などを目的に、日本政府の官僚の方や外部の有識者をお招きし、講演を実施していただく(1セメスターに数回程度)。

研究については、3人程度のグループに分かれて、それぞれ日本経済・経済政策に関するテーマを設定し、研究する。2020年度は、アベノミクスの政策の中から「働き方改革」「インバウンド誘致」「イノベーション政策」などのテーマについて分析した。
また、竹中平蔵氏(元経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣)をはじめ、内閣府や財務省、金融庁で政策立案に関わっている官僚の方に講演していただいた。

輪読する資料については、星先生が選定される。日本国内で一般販売されている書籍から、外国政府の諮問機関がまとめた英文の報告書まで、幅広く取り扱われる。

〈星岳雄先生について〉
1983年、東京大学教養学部卒業後、マサチューセッツ工科大学院に進学し、1988年博士課程修了。その後2019年9月まで、基本的にはアメリカの大学で教鞭を執る。2000年から2012年までカリフォルニア大学サンディエゴ校 教授。2012年から2019年8月までスタンフォード大学 教授。主な研究分野は金融論、マクロ経済学、日本経済論。
また、1997年から1998年まで、日本銀行金融研究所で客員研究員を務めた。
2019年9月より、東京大学大学院経済学研究科 教授(現職)。

〈他ゼミ比較〉
・マクロ系のゼミという扱いをされることが多いが、一般的なマクロ系ゼミのように数式や数学を駆使して研究よりも、その結果の解釈や考察などに重点を置く。そのため、数学的な知識はあまり登場せず、むしろ数式の変形だけでは捉えきれないものを思考することが大事にされている。
・研究では日本経済を専門的に扱う。日本経済のトピックを取り扱う比率はどのゼミよりも高いのではと自負している。

メンバー構成

・人数:2020年度は3年生5名、4年生4名。女子は9人中3人(うち3年生2人)。
・属性:2020年度は経済学部生8人、法学部生1人。学科は経済学科から経営学科まで幅広い。兼ゼミは3人。ゼミ生の所属コミュニティも、運動会から文化系サークルまで幅広い。
・性格:研究を複数人のグループで行う関係上、他のメンバーとの協調が求められることもあり、ゼミ生同士の仲は良い。ただし、いわゆる「ウェイ」系ではない。コンパはセメスターの開始・終了時などの節目に開催される。
・兼ゼミ先:山口ゼミ、楡井ゼミ、植田ゼミなど。
・就職先:2020年度は公務員2名、大学院進学1名、法律事務所1名。ただし、3年生には民間企業志望者もいるし、4年生もほとんどの人が民間就活の経験あり。

活動頻度

毎週木曜4限。延長はない。ゼミの時間外の負担は一般的なレベル。
サブゼミ(※)も存在し、「プロアク」として単位認定されている。2020年度は毎週水曜1限に実施されており、4年生も含め全員が受講している。

※サブゼミ:本来のゼミとは別の時間帯に行われるゼミのこと。経済学部的にはプロアクティブラーニングセミナー(プロアク)とされる。サブゼミが、プロアクとゼミに認定された場合は単位が認められ、そうではなければ認められない。事前に特定のメンバーが監督者(4年生または院生)となり、受講者の名前・学生証番号も全て登録しておく。ゼミによるが、3年生のみの所が多い。サブゼミが設置されている場合、受ける人がほとんどである。

募集

募集は経済学部のスケジュールに準じて行われる。星先生はゼミ生の多様性を求めており、他学部生の応募も歓迎される(ただし、他学部生には単位は出ない)。
2020年度は3年生・4年生を問わず募集し、二次募集まで実施された。来年度についてもも新4年生の参加も可能である。

以下は2020年度の情報となるが、応募に必要な書類は、自己紹介、経済学的な興味関心のある事柄などをA4の紙1枚程度に簡単にまとめたエッセイ。提出した資料をもとに星先生が1対1で15分程度の面接を実施される(選考がない場合でも同様)。
募集人数は2020年度と同程度を見込んでいる。また2020年度は二次募集では定員を超過したため、選考が実施された。

年間予定

未定。
2020年度開講の新しいゼミで、また新型コロナウイルスの影響で平時とは大幅に予定が異なっているため、今後感染状況を踏まえつつ適切に検討したい。

内部のホンネ

○魅力

・星先生の人脈が非常に強く、講演に招かれる人物は非常に豪華(元経済財政政策担当大臣の竹中平蔵氏や、元財務事務次官の木下康司氏など)。
・ゼミ生同士の仲は良く、ゼミの後にそのまま食事に行くこともある。
・星先生とゼミ生との距離感も非常に近い。コンパの際には星先生もいらっしゃり、いろんな話をしてくださる。
・コロナ禍の中ではあるが、本郷で対面のゼミも実施しており、星先生やゼミ生全員と実際に顔を合わせてゼミに参加することができる。



△大変なところ

・経済理論を追求したり、経済学誌に取り上げられるような論文を読んだりする機会は他のゼミと比べて少ないため、それらに興味・関心がある人にとってはテーマが合わないかもしれない(その代わり、サブゼミでは論文を多く取り扱う)。

新歓日程詳細

Twitter新歓アカウントにて告知(現在も稼働中だが、3月頃からは一層投稿が増えると思われる)。
例年は、12月に駒場で、また3月末~4月頭に本郷でゼミ説明会が行われるが、今年は新型コロナウイルスの影響で12月のゼミ説明会はオンライン開催される。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

1. 公式LINE にてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!

2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

記事内容修正依頼

この記事をシェア

関連記事

青木ゼミ

マクロ経済学に基づいて身近な現象を分析する力を養う経済学部のゼミ。

伊藤元重ゼミ

国際経済/経済政策などの時事経済を扱う経済学部の自主ゼミ。

矢坂ゼミ

農業経済学を学ぶ経済学部のゼミ。

default-image

小野塚ゼミ

主に西洋経済史を学ぶ経済学部のゼミ。

その他

学生団体・サークル紹介

団体理念、活動内容の側面で厳選した106団体の質の高い情報を掲載中。

ゼミ紹介

1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

学部/学科紹介

内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、80学科の情報を掲載中。

プログラム/施設紹介

学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

記事

第二外国語紹介をはじめとして、TLP、FLYプログラムなど多岐にわたる情報を掲載。

公式note

サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。