山本ゼミ

経済学部ゼミ

経済史

経営史

ジェンダー

イギリス史

西洋史

選考あり

3・4年のみ

経済史系

日本語・英語での文献講読や議論を通じて資本主義の歴史を探究するゼミ

目次

    基本情報

    執行代

    基本は4年生

    人数

    不明(※新規開講のため)

    参加学年

    3・4年のみ

    選考

    あり

    活動頻度

    火曜4限

    卒業論文

    あり

    ゼミ論

    あり

    サブゼミ

    年度による

    2年間の
    合計単位数
    8単位

    概要

    ※本ゼミは2023年度より新規開講されるゼミであるため、情報が不確実である可能性があります。アップデートに努めてまいりますが、最新の情報については新歓の際に担当者に直接ご確認ください。
     

    〈内容〉
    本ゼミでは、富の生産と格差の拡大、経済発展と環境破壊、労働とジェンダーなど、現代にも通ずる資本主義社会の諸問題について歴史学的な方法を使って理解を深めていくことを目的とする。その際、特に「最初の産業社会」として世界各地に影響を与えることになったイギリスの事例を主たる対象としながら、学びを深めていく。
    文献講読をゼミの中心に据え、古典と最新の文献の読解を日本語・英語の両方で行う。重要文献を正確に読み解き、論点を把握し、背後にある大きな研究動向を理解し、それらについて疑問点をまとめるのが最初のステップとなるだろう。
    ※ 参加者の関心に合わせて内容が変更される可能性もある。議論は日本語と英語で行うことができる。
     

    〈授業計画〉
    Sセメ:歴史的思考法を身につけるために歴史学の古典的名著(詳細はページ下部に)を中心に輪読する。
    Aセメ:参加者の関心に合わせて、より具体的なテーマで事例研究を行う。
    自主的に小論文を書いても良い(授業は基本的に日本語で行うが、英語・日本語共に可)。



    〈山本先生について〉

    年月 ご経歴
    平成15年3月 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
    平成16年9月 University of York (UK) MA in Eighteenth-Century Studies 修了
    平成17年9月 University of York (UK) Master by Research in History 修了
    平成21年9月 University of York (UK) Ph. D in History 修了
    平成21年10月 Department of History, King's College London, Tawney Postdoctoral Fellow (funded by the Economic History Society)
    平成22年10月 Faculty of History, University of St Andrews, Teaching Fellow
    平成23年9月 Institute of Advanced Studies in the Humanities (IASH), University of Edinburgh, Newby Postdoctoral Fellow
    平成24年9月 Department of History, King's College London, British Academy Postdoctoral Research Fellow
    平成26年9月 Centre for Research in the Arts, Humanities and Social Sciences, University of Cambridge, Research Associate
    〜現在 東京大学経済学研究科 准教授

    (参考: https://www.e.u-tokyo.ac.jp/fservice/faculty/yamamoto/yamamoto-j/yamamoto01-j.html)

     
    主著
    ”Stereotypes and stereotyping in early modern England” (Manchester Uni. Press, 2022)
    “Taming Capitalism Before Its Triumph” (Oxford Uni. Press, 2018)

     
    〈他ゼミ比較〉
    ・経済史系の他のゼミは経済をメインに扱うが、山本ゼミは経済について学びつつも歴史学に重点があり、歴史をしっかり学べる。
    ・自分の関心分野に沿って柔軟に色々なものを読めたり分析したりできるのはこのゼミの大きな魅力。自分の興味分野を先生に言うとおすすめの文献を教えてもらえる。
    ・経済を主な話題にしながらも雰囲気は文学部のゼミに似ているかも。
    ・英語での論文執筆・プレゼンが可能。

    メンバー構成

    ・人数:定員10名(山本先生がSセメに開講されていた少人数講義では参加者2名)
    ・属性:院進・交換留学に興味を持つ人が多い
    ・性格:ディスカッションベースの授業なので、話すのが好き・ディスカッションが好きな人が多い
    ・兼ゼミ先:中嶋ゼミ
    ・就職先:不明(新規開講のため)

    活動頻度

    毎週火曜日4限(基本は延長しないが、変更の可能性がある。)
    院生・研究員による火曜日5限の山本研究室のミーティングに学部生でも関心のある人は参加できる。(研究の進捗報告やプレゼンなどを行う。会話は日本語だが、論文や発表に関することは英語で行うことも多い。)

    募集

    4年生の入ゼミは問題ない。3年生の入ゼミと同じように扱う。
    他学部履修も可能。
    2次募集も実施予定。
    選考は先生が行い、選考内容については不明(人数によって異なる)。

    年間予定

    コンパ:不定期で開催。
    それ以外のイベントについては今のところ計画はない。

    内部のホンネ

    ○魅力

    ◆魅力
    ・経営や経済の歴史のファクトだけではなく、それを誰がどのように形成してきたのかというメタ的な考え方を一次資料や英語論文を読みながら考えることができる。経済学には時代ごとにベース(主流)となる考え方があるが、先生はそのベース自体に疑問をもたれ、歴史的な方法を通して経済学の方法そのものが正しいのか、検討する機会をくださる。
    ・自由。先生が参加者の関心に寄り添ってくれるため、他のゼミよりもかなり柔軟に自分の興味分野を探求できる(例えば、20世紀フランスの経済史について勉強したかったら本を勧めてくれる)。
    ・先生がとても優しくてお若いので、お話がしやすい。
    ・先生がイギリスの大学で研究されていたので、ディスカッションが盛んなイギリス式の全員参加型ディスカッションを体験できる。ディスカッションがメインの授業なので、特に議論が好きな人、院進、交換留学などに行く人にとってはいい訓練の場になると考えられる。
    ・前期課程と違って、自分の興味・関心に沿った問いの構築ができる。
    ・物事を分析的に考えられる力をつけることができる。


    ◆こういう人におすすめ!
    ・議論好きな人。
    ・院進や交換留学に興味がある人。
    ・経済学・経営学が前提としてきた市場経済がどういうメカニズムで生まれたのかと言うことを探究したい人。
    ・経済学の未来について歴史学的な視点から考えたい人。
    ・歴史的思考の作法そのものを身につけたい人。
    ・雰囲気としては文学部のゼミと似ているため、経済学を学んでいるだけでは得られないような視点を得たい人(イギリス史専攻の文学部の人が来ていたこともあった)。



    △大変なところ

    ・文献(本・論文)をたくさん読む。先生も言えば対応してくれるが、ベースとなる読書量は多くなる。
    ・少人数になりがちで、ディスカッションベースなのでそれぞれのゼミの中でかなり能動的に参加しないと意味がない。資料を読んで話す準備を事前にする必要がある。

    新歓日程詳細

    経友会や学部で決めている新歓の日程に従って行う。
    先生と話す機会が新歓の過程であるはず。とても気さくで話しやすい先生なのでぜひ一度お話に!
     
    ※古典的名著について(紹介: 山本先生)

    • E.H.カー、近藤和彦訳『新版 歴史とは何か』(岩波書店、2022年) 「歴史とはファクトを積み上げるものなのではないか」といった漠然とした印象をお持ちの方に強く薦めたい一冊。古めかしい訳ですがより安価な岩波新書のものでも良いと思います。 
    • キース・ライトソン、中野忠・山本浩司訳 『イギリス社会史 1580-1680 ― 経済・社会秩序・文化』市場が豊かさと格差を同時にもたらすというパラドックスを活写した名著です。山本の解説付き。   (歴史学ではないけれど、強くおすすめしたいのが次の2冊)
    • プラトン『ソクラテスの弁明』納富信留訳 (光文社古典新訳文庫、2012年)  (知らないことをその通り知らないと認識し、そしてもっと知りたいと追求する姿勢を「無知の知」という。それが知を愛すること、フィロ・ソフィアの原点になります。)
    • ヴァージニア ウルフ『自分ひとりの部屋』 片山亜紀訳 (平凡社ライブラリー、2015年)  男性として育ち生活すること、女性として育ち生活すること、その大きな違いについて考えさせる名著です。卒業する前にぜひ読んでおいてほしい一冊。

    最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
    最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

    1. 公式LINEにてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!
    2020年度入学者用LINE
    2021年度入学者用LINE
    2022年度入学者用LINE

    2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

    記事内容修正依頼

    この記事をシェア

    関連記事

    石原ゼミ

    家族やジェンダーといった視点を取り入れつつ社会保障について考えるゼミ。主な活動は輪読と個人研究。

    柳川ゼミ

    ビジネスエコノミクスを学ぶ経済学部のゼミ。

    市村ゼミ

    計量経済学の理論を基礎から発展まで学ぶ自主ゼミ。

    米山ゼミ

    会計学に関連することを学ぶゼミ。

    今読まれている記事

    推薦合格者必見!合格後の流れ

    東大 推薦 合格後の流れ

    東大推薦合格者必見!推薦入学の手続き

    東大 推薦 入学手続き

    東大推薦合格者必見!二外・TLP手続きには要注意

    東大 推薦 二外

    FLYプログラム概要

    新入生向け 海外 プログラム

    その他

    学生団体・サークル紹介

    団体理念、活動内容の側面で厳選した団体の質の高い情報を掲載中。

    ゼミ紹介

    1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

    学部/学科紹介

    内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、全学科の情報を掲載中。

    プログラム/施設紹介

    学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

    記事

    UTokyoWiFiの使い方や、図書館利用法など大学生活で役立つ多岐にわたる情報を掲載。

    公式note

    サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。