42 Tokyo

学生向け

東大外部

完全無料のフランス発のエンジニア養成機関。しっかりと学び続ける姿勢が要求される。

目次

    基本情報

    正式名称

    42 Tokyo

    公式リンク

    https://42tokyo.jp/

    Facebook

    https://www.facebook.com/42tokyo/

    Instgram

    https://www.instagram.com/42tokyo/

    Twitter

    https://twitter.com/42_tokyo

    その他公式SNS

    https://www.youtube.com/channel/UCS42F2BO1IYmvTcpcasxYLQ

    対象者

    https://42tokyo.jp/requirements/

    実施期間

    4週間の入学試験「Piscine」(ピシン)を終えた後は自由なカリキュラム

    設立日

    2019年

    実施場所

    港区六本木3丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー24F(完全リモート可)

    お問い合わせ方法

    https://42tokyo.jp/faq/

    審査有無

    1次試験(webテスト)と2次試験(Piscine)

    参加費

    なし

    プログラム概要

    設立の経緯
    42は2013年にフランスで設立し、世界各国に展開するエンジニア養成機関。学歴社会の色が根強く、エンジニアになるためには高校の成績が良くないといけないという社会構造の中、世界的なIT化についていけないと危惧したフランスの資産家が資材を通じて「学費完全無料」「18歳以上なら誰でも参加可能」という革新的な教育機関を誕生させた。42Tokyoもこの思想を受け継いでいる。「挑戦したいすべての人に質の高い教育を」という言葉を掲げ、学歴や職業に関わらず誰もが挑戦できる環境が備わってわっいる。
     
    Piscine
    42Tokyoへ入学するためには、30分程度のオンライン試験に合格した後、Piscineと呼ばれる試験を受験することになる。Piscineはフランス語で「スイミングプール」という意味。受験期間中は、何度も何度も失敗し、それでもモチベーションと自らの意志を保ち続けながら、一生懸命もがき続けた者だけが、晴れて入学となることから名前がつけられている。合格者はプログラミング経験者と未経験者がおよそ半々。合格基準は明かされておらず、必ずしも課題の進度が早い人物が合格しているわけではない。Piscineの受験は一生に一度だけとなっており、心して受験する必要がある。2021年時点の情報では、総応募者数14,000人に対して(webテスト等も含めた)通算合格率はわずか4%という狭き門を潜り抜けた参加者たちが、昼夜を問わず切磋琢磨しながらプログラミングに励んでいる。在籍者のうち、大学に通っている人は30〜40%。一定のレベルに到達しなければ途中でキックアウトされてしまうため、しっかりと学び続ける姿勢が要求される。コミット量は各人の要領などにもよるため一概には言えないが、週に15時間程度以上が大まかな目安という。なお、受講生に対する職業斡旋等は行われていない。
     
    参考
    公式ページのこちらをご参照。

    プログラムで学べること

    42の大きな特徴は「問題解決型」であること。教科書や授業はなく、課題をインターネットで調べたり、他の学生と協力して解くスタイルで、社会で働くときに必要な問題解決力が自然と身につくように組み立てられている。初めにCやC++といった言語で基本を習得した後は、言語にも制約がなく、各自が様々なテーマから自分の興味に応じて学習を進めていく。
    ゴールを作ることによる形骸化を避けるために、42には「卒業」という概念がない。各人が「やりたいことをやりたいだけ」学習できる環境が用意されている。ちなみに、すべての課題を解決するのには早い人で2年程度かかるという。

    与えられている課題の他にも受講生が参加しているDiscordで自主的にbotを作成するなど、自ら課題を見つけてプログラミングを積極的に行うメンバーも多く在籍している。

    本プログラムに向いている人

    • とことん学びたいという意志のある人
    • 優秀なエンジニアのコミュニティを求めている人

    本プログラムに向いていない人

    • 自分で勉強しようという意志が弱く、教材が提供された状態で丁寧な指導を受けながら勉強をしたい人

    最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
    最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

    1. 公式LINEにてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!
    2020年度入学者用LINE
    2021年度入学者用LINE
    2022年度入学者用LINE

    2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

    記事内容修正依頼

    この記事をシェア

    関連記事

    東京大学グローバル・インターンシップ・プログラム(UGIP)

    世界で活躍するグローバル人材の育成を目指し、ビジネスの最前線を体感する東大公式のプログラム

    default-image

    Innovation for Well-being

    従来型の資本主義とこれからの世界について理解し、未来を創り出すリーダー達とのイノベーション共創をする実践型プログラム。

    青空留学 (JAL×ポケマル 地域飛び込みプログラム)※1期生募集!

    JAL・ポケットマルシェが主催する、大学生が地方で生きる漁師のもとに飛び込むプログラム。

    (学部3年・修士1年生向け)NPO法人エンカレッジ東大支部

    就活する東大生へ就活相談やメンタリング、自己分析や面接対策をサポートするNPO法人。

    今読まれている記事

    推薦合格者必見!合格後の流れ

    東大 推薦 合格後の流れ

    東大推薦合格者必見!推薦入学の手続き

    東大 推薦 入学手続き

    東大推薦合格者必見!二外・TLP手続きには要注意

    東大 推薦 二外

    FLYプログラム概要

    新入生向け 海外 プログラム

    その他

    学生団体・サークル紹介

    団体理念、活動内容の側面で厳選した団体の質の高い情報を掲載中。

    ゼミ紹介

    1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

    学部/学科紹介

    内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、全学科の情報を掲載中。

    プログラム/施設紹介

    学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

    記事

    UTokyoWiFiの使い方や、図書館利用法など大学生活で役立つ多岐にわたる情報を掲載。

    公式note

    サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。