馬路ゼミ

少数精鋭

馬路ゼミ

海外大進学者

留学志向高め

圧倒的成長

議論

政治

留学

英文記事を用いてグローバル社会の課題を分析・議論し、情報分析能力や「自立した思考」の獲得を目指す。

目次

    基本情報

    執行代

    2年生

    人数

    20名程度

    参加学年

    1・2年のみ

    選考情報

    あり

    年会費

    なし

    活動頻度

    授業として週1回

    Twitter

    https://twitter.com/bajisemi

    Facebook

    https://www.facebook.com/bajisemi

    公式サイト

    https://ja.tomohitobaji.com/page/seminar/seminar

    概要

    ■理念/指針・沿革

    馬路ゼミは、「現代世界のグローバル化とメディア」「国際政治・経済・社会の変容とメディア」をテーマに、2021年度までの30年間開講されていた「高山ゼミ」を継承する全学自由研究ゼミナールである。

    グローバル化した地球社会における今日的問題を論じた英文記事を分析し、議論を重ねることで、どのような分野に進もうともその基礎的体力となる、知識と情報分析能力、そして「自立した思考」の獲得を目指す。誰かの受け売りではなく、自分の目で見て、自分の頭で考え、自分の言葉で表現する能力(仮に「思考のリアリズム」と呼ぶ)を培うことが、本ゼミの最大の目的である。同時に、
    ・現代的課題をめぐる英文記事の分析を通じて、この世界で何が起こっているか、この世界はどのような方向に向かおうとしているかを知り、日本の位置を相対的に捉える視点を獲得すること、
    ・思考のリアリズムを培い、独立した個、そしてその表裏として、他者を正面から理解し協働する能力を養うこと、
    ・今後それぞれの進路においてリーダーシップを発揮する人材となるための知的体力を身に着けること
    を目標とする。本ゼミは文系の学生のみを念頭に置いたものではなく、むしろ理系学生の積極的な履修を歓迎する。

     

    ■活動内容

    ①毎週、課題として与えられる欧米の雑誌・新聞記事の分析と議論を行う。また、②毎週1人ないし2人ずつ、担当する分野*に関する記事(日本語以外の雑誌・新聞からのもの)に基づく報告を行う。報告の後、その記事と報告内容の分析を展開する。
    *受講者はガヴァナンス(統治・政策)、メディア・コミュニケーション(媒体・情報)、エシックス(規範・倫理)の3つのグループに分けられる。

     

    ■OBOGの進路/活動 

    〈進路〉
    法、政治、経済の研究職に進む人の割合が極めて高い

    メンバー構成

    人数
    ・所属メンバーは20名程度。
    ・1年生と2年生は半々くらい。 

    学年
    1・2年生

    執行代
    2年生

    男女比
    およそ3:2

    加入時期
    主に4月に入会希望を受け付けるが、9月にも欠員が発生した場合に限り入会希望を受け付ける。

    属性
    ・文系が多い。理系が少なめ。
    ・勉強熱心な人で構成されている。
    ・海外大の人(Aセメから海外大)が入っており、Sセメで抜ける人が多い。
    ・ほとんどの人が兼ゼミ/兼サーしており、すずかんゼミやHCAP Tokyoなどでも活動している人や運動会と両立している人もいる。

    離脱率
    例年基本的にほぼ全員が2年活動を継続する。(留学などの事情で抜ける人も)

    活動実態

    執行代
    2年生

    体制
    2年生のゼミ長(代表)が馬路先生と共にゼミ運営を主導。

    活動頻度

    ・授業として金曜4限に週1回。
    ・概要に述べたようなグループとは別に、4~5人くらいの班に分かれて週に1回昼食会(@Zoom)を開き、後輩は先輩から文献の探し方等を学ぶ。

    年間予定

    4月:面接&ゼミ入会
    4~7月:Sセメ
    8月:夏休みに合宿 (※):時期は年によって変動。将来について語る時間も。
    9月:秋にも新規加入希望者に面接:採用人数は少なめ。
    9~1月:Aセメ
    3月:論考執筆・新歓準備。

    ※2022年度は実施かどうかは未定

    募集情報

    選考あり/選考なし
    選考あり
     
    募集対象
    1・2年生
     
    実際に入会する人
    1年生中心で、2年生少数。
     
    入会手続き内容
    4月8日の初回授業日に、教室において面接選考を実施。受講希望者は、氏名、学生証番号、学年、科類、連絡先(メールアドレス)とともに、以下のトピックに関する考えをA4サイズの紙一枚(長いものでなく、表面のみで良い)にまとめ、印刷の上面接に持参。
    トピック:関心のある現代的課題を一つ取り上げ、なぜそれに関心を持つようになったか、その課題の原因はどこにあると考えるか。

    内部のホンネ

    ○魅力

    ・普通に大学生活を送っていたら読む機会がない海外の情報分析を綿密に行う。
    ・論文の書き方を先輩が指導してくれる機会は随一。
    ・自分の興味あることを好きに書いていい機会、同期含めてしっかり自分の論文を読み込んでくれる機会はそうそう無い。
    ・英語の記事をたくさん読むため英語力が向上するほか、毎週の活動を通じて議論の力が向上する。
    ・メンバーが勉強熱心なため刺激を受けることが多い。
    ・OBOG会で生まれる縦の繋がりが強く、キャリア等の話も多く聞ける。



    △大変なところ

    ・毎週締め切りに追われる。
    ・毎セメスター提出する1万字程度の小論文(レジュメ)の提出が大変。中には徹夜しまくる人もいる。
    ・規模が小さい(大規模なゼミが好きな人にとってはミスマッチになるかも)。
    ・風変わりな人が多い。個性的。我が強い。

    新歓日程詳細

    詳細は未定。上述の公式Twitter(@bajisemi)をご参照ください。

    最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
    最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

    1. 公式LINEにてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!
    2020年度入学者用LINE
    2021年度入学者用LINE
    2022年度入学者用LINE

    2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

    記事内容修正依頼

    この記事をシェア

    関連カテゴリー

    法・政治

    法・政治・政策・国際政治などのテーマを元に、学術的・実践的な活動を行う団体。

    前期教養学部ゼミ

    前期教養学部に所属する学生が参加できるゼミ。

    関連サークル

    default-image

    東京大学行政機構研究会

    学術的な視点から自由に行政や政治の議論をする学術系サークル

    川人ゼミ

    現場主義をモットーに、現職弁護士の講師の下、講義やフィールドワークを通して社会の諸問題を考え学ぶゼミ

    瀧本ゼミ 政策分析パート

    「世の中で知られていないが、実は重要である問題」を分析し、有効な解決策を、立案・実行に移すゼミ。

    模擬国連駒場研究会

    国連などで行われている国際会議を「模擬」する活動。

    今読まれている記事

    推薦合格者必見!合格後の流れ

    東大 推薦 合格後の流れ

    東大推薦合格者必見!推薦入学の手続き

    東大 推薦 入学手続き

    東大推薦合格者必見!二外・TLP手続きには要注意

    東大 推薦 二外

    FLYプログラム概要

    新入生向け 海外 プログラム

    その他

    学生団体・サークル紹介

    団体理念、活動内容の側面で厳選した団体の質の高い情報を掲載中。

    ゼミ紹介

    1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

    学部/学科紹介

    内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、全学科の情報を掲載中。

    プログラム/施設紹介

    学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

    記事

    UTokyoWiFiの使い方や、図書館利用法など大学生活で役立つ多岐にわたる情報を掲載。

    公式note

    サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。