高山ゼミ

少数精鋭

高ゼミ

海外大進学者

留学志向高め

圧倒的成長

議論

政治

留学

基本情報

執行代

2年生

人数

20人程度

選考

あり

年会費

なし

活動頻度

授業として週1回

公式Twitter

https://twitter.com/takazemi_2021

公式サイト

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~tkymh1/

概要

■理念/指針・沿革

メディアから出される情報の取得の仕方、分析の仕方を学び、変革期を乗り越え、グローバル化した世界でリーダーシップを発揮できる人材となるために必要な知識と情報分析技術の獲得を目指すゼミであり、1991年に一橋大学で活動を開始した。1993年からは活動拠点を東京大学に移し、現在に至る。

 

■活動内容

《ビフォーコロナ》
全学自由ゼミナール(主題科目)「現代世界のグローバル化とメディア」として高山博先生が担当。高山先生は西洋中世史を専門とされ、数々のが学会で理事や会長を歴任されている東京大学の教授である。
受講者を、ヨーロッパ地域、アメリカ地域、アジア・アフリカ地域の三つのグループに分ける。そして、毎週各グループから一人または二人が、その担当する地域に関する重要な欧文記事の要約と分析を報告し、全体で討論する。

また、毎週全員に英紙The Economistの記事を課題として与え、翌週それに基づく討論も行う。
討論の対象としてはアメリカの対中政策やヨーロッパとイスラームの関係、イタリア企業の今後など政治や文化、経済、テクノロジーなど多岐にわたる。
 

《アフターコロナ》
コロナ前後で活動内容に大きな変化はないが、討論はZoomを介して行われるようになった。

 

■OBOGの進路/活動 

〈進路〉
法、政治、経済の研究職に進む人の割合が極めて高い

メンバー構成

人数
・所属メンバーは20名程度。
・1年生と2年生は半々くらい。 

学年
1・2年生

執行代
2年生

男女比
およそ2:1

加入時期
基本的に4月

属性
・文系が多い。理系が少なめ。
・勉強熱心な人で構成されている。
・海外大の人(Aセメから海外大)が入っており、Sセメで抜ける人が多い。
・東京の中高一貫校はなんだかんだ多い。
・ほとんどの人が兼ゼミ/兼サーしており、すずかんゼミやHCAP Tokyoなどでも活動している人や運動会と両立している人もいる。

離脱率
例年基本的にほぼ全員が2年活動を継続する。(留学などの事情で抜ける人も)

組織体制

執行代
2年生

体制
2年生のゼミ長(代表)が高山先生と共にゼミ運営を主導。

活動頻度

・授業として水曜5限に週1回。
・概要に述べたような地域班とは別に、4~5人くらいの班「レジュメグループ」に分かれて週に1回昼食会(@Zoom)を開き、後輩は先輩から文献の探し方等を学ぶ。

年間予定

4月:面接&ゼミ入会
4~7月:Sセメ
8月:夏休みに合宿 (※):時期は年によって変動。将来について語る時間も。
9月:秋にも新規加入希望者に面接:採用人数は少なめ。
9~1月:Aセメ
3月:論考執筆・新歓準備。

※2021年度は実施かどうかは未定

募集情報

選考あり/選考なし
選考あり
 
募集対象
1・2年生
 
実際に入会する人
1年生中心で、2年生少数。
 
入会手続き内容
・受講希望者は氏名、学生証番号、学年、科類、連絡先(メールアドレスなど)とともに受講希望理由を記載したA4サイズの文書ファイルを4月5日 (月) 24時までに、高山教授 tkymh1[a]l.u-tokyo.ac.jp(送信するときは[a]を@に変更してください)まで送付する。
・応募書類を基に20人程度に絞り込み、高山教授が書類選考合格者にメールで連絡する。
・その後4月7日(水)の5限(16:50-)にZoom上で書類選考合格者と面接を行い、終了後に最終合否をメールで通知する。
・面接合格者は、4月14日の初回授業から参加する。(Zoom使用のオンライン授業)

内部のホンネ

○魅力

・普通に大学生活を送っていたら読む機会がない海外の情報分析を綿密に行う。
・論文の書き方を先輩が指導してくれる機会は随一。
・自分の興味あることを好きに書いていい機会・同期含めてしっかり自分の論文を読み込んでくれる機会はそうそう無い。
・英語の記事をたくさん読むため英語力が向上するほか、毎週の活動を通じて議論の力が向上する。
・メンバーが勉強熱心なため刺激を受けることが多い。
・OBOG会で生まれる縦の繋がりが強く、キャリア等の話も多く聞ける。



△大変なところ

・毎週締め切りに追われる。
・毎セメスター提出する1万字程度の小論文(レジュメ)の提出が大変。中には徹夜しまくる人もいる。
・規模が小さい(大規模なゼミが好きな人にとってはミスマッチになるかも)。
・風変わりが人が多い。個性的。我が強い。

新歓日程詳細

上述の公式Twitterをご参照ください。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

1. 公式LINE にてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!

2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

記事内容修正依頼

この記事をシェア

関連カテゴリー

法・政治

法・政治・政策・国際政治などのテーマを元に、学術的・実践的な活動を行う団体。

前期教養学部ゼミ

前期教養学部に所属する学生が参加できるゼミ。

関連記事

模擬国連駒場研究会

国連などで行われている国際会議を「模擬」する活動。

東京大学法律相談所

無料法律相談や模擬裁判等の各種イベントを開催する本郷系(3、4年生向け)の団体。

瀧本ゼミ 政策分析パート

「世の中で知られていないが、実は重要である問題」を分析し、有効な解決策を、立案・実行に移すゼミ。

default-image

竹中ゼミ

総合C「日本の政治」修了者対象の政治学系ゼミ。 国内外の政治を始め、テクノロジーから古典まで幅広くカバーする。

その他

学生団体・サークル紹介

団体理念、活動内容の側面で厳選した101団体の質の高い情報を掲載中。

ゼミ紹介

1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

学部/学科紹介

内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、63学科の情報を掲載中。

プログラム/施設紹介

学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

記事

第二外国語紹介をはじめとして、TLP、FLYプログラムなど多岐にわたる情報を掲載。

公式note

サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。