瀧本ゼミ
政策分析パート

少数精鋭

合理的思考

政策分析

ゼミ

インカレ

基本情報

執行代

基本的に2年生

人数

合計15名程度

選考情報

あり

年会費

なし

活動頻度

週1回月曜日19時~(オンラインとの併用で開催)

公式Twitter

https://twitter.com/tsemiseisaku

公式サイト

https://t-semi.jp/

活動の様子



概要

■理念/指針・沿革

理念/指針
政策分析・立案というツールを通して、仮説構築能力や検証能力・リサーチ能力を短期集中的に鍛え上げ、社会に問題解決能力に長けた人材を輩出する。
また、世間では気づかれていないが実は重要である社会問題に対してアプローチし、その解決策を提示することによって、実際の社会問題解決に資する。

沿革
創設者は京都大学の客員准教授である、故瀧本哲史氏。

 

■活動内容

《ビフォーコロナ》
週に1度、各ゼミ生のリサーチしてきた社会問題について発表が行われ、その問題の重要性や政策プランでの解決実効性などを侃侃諤諤と議論する。
社会問題は、世間が注目していないが実は重要な問題であるのが好ましく、仮説を構築して専門家や行政関係者へのヒアリング・ないし論文リサーチによってその仮説を検証していき発表を実施する。
発表され、高評価が得られた解決策はプロジェクト化され、ときにゼミOBGネットワークに協力を仰ぎながら実際に公的機関・企業等に対して提言を行っていく。
半年に一回、現役のゼミ生が対象の選抜がある。(2年間を通じて選抜に残れれば「瀧本ゼミ政策分析パート卒業」と認定される)選抜は政策案発表を行い、仮説の構築能力/検証能力とリサーチ能力を判断し、審査員の平均で5点満点中4点以上を得られれば通過できる。この瀧本ゼミに特徴的な厳格な選抜制度は“Fire制度”と呼ばれる。

 
《アフターコロナ》
基本的に活動内容はコロナ禍前と変わらないが、オンラインでの参加も可能になり加入できる学生の幅が広がった。また、オンライン化によって政治家への政策提言も容易になった。 

 

■OBOGの進路/活動 

〈進路〉
・外コン
・修士課程や博士課程に進む人が多く、研究成果が表彰される人も。(専攻分野は医学や経済が多い。)
・総合商社や起業、官公庁への就職も多く進路は多様である。

〈諸活動例〉
・瀧本ゼミの政策提案で、千葉県にて「AEDの使用及び心肺蘇生法の実施の促進に関する条例」が制定。また瀧本ゼミの提案を機に日本AED財団が設立。
・世田谷区において、傍観者に着目したエビデンスに基づくいじめ対策プログラムKiVaの導入を提案し、KiVaを基にした独自プログラムを実施。他、足立区・港区でも実施予定。
・学生の睡眠リズムに合わせて学校の始業時間を遅らせるプロジェクトを進め、睡眠学の世界的権威であるAmy氏を日本に招待し、慶應義塾大学にてシンポジウムを開催。東京医大の研究チームと協力し、全寮制である自由学園(東京都)にて起床時間を遅らせる実証実験を実施。
・中央区において、母親のメンタルヘルス改善を目的としたベビーシッター利用促進を提案し、400万円規模の予算化。

メンバー構成

■メンバー構成

人数
・合計15名弱

学年
・新2、3年生が5人前後、新4年生が数人。

男女比
7:3

加入時期
半数が1年生入会。残りはそれ以上の学年の時に入会。

属性
・東大は6人。
・東大以外では、一橋・早慶などが多く、一橋院の学生も在籍。
・現執行代は文ⅠⅡが多い傾向。
・医学部生が数名在籍。
・学術系・国際系のマジメなサークルとの兼サーが多い。
・運動会に所属する学生(ゴルフ部・バスケ部)もおり、両立は可能。

離脱率
選抜結果による脱会(先述のFire制度)を除くと20%程度

組織体制

■組織体制

執行代
基本的には2年生

体制
代表が外部との交渉、組織運営/企画を行う以外は特に役職や部局は存在しない。同じ興味関心を持つ人同士やOBOGを巻き込んでのプロジェクトチーム立ち上げ/参加は可能であり、複数の新入ゼミ生がチーム内でのリサーチで成果を上げている。

活動頻度

週1回月曜日にMTGを行う。場所は駒場キャンパスまたは慶應信濃町キャンパスなど四谷三丁目付近。(なお、オンラインでの参加も可能となっている。)年次が上のゼミ生がメンターとしてサポートしながら各自で準備をして最低半年に一度は発表を行う。新入生の発表でも、その政策案が「誰も気づいていない重要な問題を優れた仮説構築能力やリサーチ能力を用いて発表できれば」それを実行に移すためのプロジェクトチームを立てて活動することもある。

年間予定

4月:説明会・新歓
5月:加入メンバー決定、イシュー&発表日程を決定、研修を兼ねた合宿
6月末:東西戦(東京と京都の瀧本ゼミによる発表会など)
5~8月:各メンバーが一度、イシューの発表を行う
9月末~10月:秋新歓
10月:加入メンバー決定、イシュー&発表日を決定、研修を兼ねた合宿
11月:駒場祭:イシューの発表&公開ロビイングを例年行っていた
10月~2月:各メンバーが一度、イシューの発表を行う
2月末~3月頭:東西戦

募集情報

選考あり

募集対象
全学年(文理や専攻問わず募集、院生も入会可能)

実際に入会する人
半分くらいが1年生、残りが2年生以上。

入会手続き内容
新歓説明会にて配布する連絡先に、書類(ES)を提出する。提出者は指定日時でZoomで面接を受け、春新歓では4月末、秋新歓では10月末には加入が決定。Slackに加入した段階で入会が確定。
*2020年春は約10名を採用。

内部のホンネ

○魅力

・意思決定力(問題解決をする際、情報を集めボトルネックを特定して良質な意思決定を行う力)が養われる。
・社会の大半が気付いていないが実は重要なことを、分析を通じて発見・解決策まで考えることができる。
・イシューを政策に適用する時、「どういう風に人を動かす」「どういう風に伝えていくか」(プレゼンとか)を学ぶいい機会である。(実際にロビイングなども行う)



△大変なところ

・所謂「政治」から連想されるような大きな議論(例:地方創生)ではなく、政策案発表はわかりにくく地味だと思われるテーマが題材となる事が多い。
・わかりやすく成長するわけではない(イシューの選択含め、すぐに良質な結果が出るわけではない)。
・議論の過程で折れてしまう人もいる(粘り強いと楽しめやすい)。

新歓日程詳細

4月6日(火)19時〜
4月12日(月)19時〜
4月16日(金)19時〜
いずれもオンラインにて開催。ZOOMリンク等の詳細はTwitter・LINE@・瀧本ゼミサイトにて随時告知。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

1. 公式LINE にてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!

2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

記事内容修正依頼

この記事をシェア

関連カテゴリー

法・政治

法・政治・政策・国際政治などのテーマを元に、学術的・実践的な活動を行う団体。

前期教養学部ゼミ

前期教養学部に所属する学生が参加できるゼミ。

関連記事

模擬国連駒場研究会

国連などで行われている国際会議を「模擬」する活動。

default-image

東京大学行政機構研究会

学術的な視点から自由に行政や政治の議論をする学術系サークル

default-image

竹中ゼミ

総合C「日本の政治」修了者対象の政治学系ゼミ。 国内外の政治を始め、テクノロジーから古典まで幅広くカバーする。

東京大学法律相談所

無料法律相談や模擬裁判等の各種イベントを開催する本郷系(3、4年生向け)の団体。

その他

学生団体・サークル紹介

団体理念、活動内容の側面で厳選した106団体の質の高い情報を掲載中。

ゼミ紹介

1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

学部/学科紹介

内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、83学科の情報を掲載中。

プログラム/施設紹介

学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

記事

第二外国語紹介をはじめとして、TLP、FLYプログラムなど多岐にわたる情報を掲載。

公式note

サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。