第一高等学校・東京大学弁論部

弁論

ディベート

議論

論理

学術

政治学

法学

文学

哲学

歴史学

輪読

100年以上の歴史を有しており、弁論とディベート、読書会を中心に活動する法学部公認サークル。

目次

    基本情報

    執行代

    2年生(1年生の1月1日~2年生12月31日)

    人数

    1~4年の合計で70人程

    選考情報

    なし

    年会費

    春/秋に集める。例年は5000/2500(円)だがオンラインでの活動期間は3000/2500(円)

    活動頻度

    活動は任意参加(@Zoom) 下記の「活動頻度」に詳細を記載。

    Twitter

    https://twitter.com/Todai_Benronbu

    LINE

    https://page.line.me/804jdepd

    公式サイト

    https://utbenron.com

    活動の様子




    概要

    ■理念/指針・沿革

    理念/指針
    知的な卓越性を有した学生のコミュニティとしての自負を持つ。活動の自由度が高いため、多様な関心をもつ学生が所属する。
    部の一貫した態度としては、弁論・ディベートを通じ人に語りかけ説得する言葉の力を磨いていく姿勢と、読書会その他の活動を通じそのバックボーンとなる「教養」を身に着けようとする精神性が共有されている。

    沿革
    1889年(明治22年) - 前身の第一高等学校弁論部が発足。
    1911年(明治44年) - 弁論部大会で作家の徳富蘆花が『謀反論』の講演を行う。
    1977年(昭和52年) - 法学部緑会加盟サークルとして、本郷キャンパスに部室を設置。

     
     

    ■活動内容

    《ビフォーコロナ》

    弁論部、正式名称「第一高等学校・東京大学弁論部」は、100年以上の歴史を有しており、弁論とディベート、読書会を中心に活動する法学部公認サークルである。芦田均(元首相)や矢内原忠雄(元東大総長)など、数々の著名人を輩出しており、政・官・財・学などの各界で活躍するOBと交流することも可能。
     
    弁論とは、自分の意見を聴衆の前で10分ほど話して説得を行うゲームである。弁論は内容の論理的な正しさだけでなく、提案の新しさやその喋りの技術など、総合的な説得力が問われる。扱われる内容は弁士が自由に決定できる。例えば過去には「説得のあるべき姿」や「税と国民の関係」、「教育制度改革」などが扱われた。

    ディベートとは、あるトピックについて肯定と否定に分かれて第三者を説得するゲーム。多くのエビデンスを基にしたアカデミックな議論が展開される調査型ディベートと、その場で論理を組み立てていく即興型ディベートが行われている。
    扱う論題は大会ごとに決まっていることが多く、例えば「日本は最低賃金を大幅に引き上げるべきである」や「日本は一般的国民投票を導入すべきである」、「日本は難民の受け入れを大幅に拡大すべきである」などがあった。

    読書会では、部員が関心のあるテーマについてゼミのようなものを企画して自主的な勉強会を開くことが出来る。テーマは法学や政治に限らず、日本近現代史や文学理論、美術など、多岐に渡る。

     

    《ウィズコロナ》
    上述の基本的な3つの活動は変わっていないが、原則オンラインで実施している。なお、読書会の開催頻度はオンライン化で上昇した模様。ディベートや読書会に関しては、移動の負担や準備の労力の軽減につながったため多くのメンバーにオンライン化はむしろ歓迎されている。
    尚、2021年度は対面でのディベートの実施、弁論大会への参加を行った。今後は対面とオンラインの両方を組み合わせた活動を計画している。

     

    ※2022年度の対面活動再開の見通し
    弁論・ディベート・読書会のいずれも対面とオンラインを組み合わせた形での実施を検討している。基本的には、個々の参加メンバーの都合に応じてフレキシブルな開催形態を取ることが可能である。
     

    ■OBOGの進路/活動 

    〈進路〉
    ・大学院に進み研究者となる人の割合が比較的大きい。
    ・官公庁や法曹の道に進む人も多い。

    〈諸活動例〉
    卒部生の例としては以下の通り
    ・前川守(内閣府審議官)
    ・朝比奈一郎(元経済産業省課長補佐、青山社中CEO)
    ・瀧本哲史(エンジェル投資家)
    ・矢内原忠雄(経済学者、元東京大学総長、矢内原事件)
    ・森戸辰男(経済学者、初代広島大学学長、元衆議院議員、元文部大臣、森戸事件)
    ・寺谷広司(国際法学者、東京大学大学院法学政治学研究科教授)
    ・五百籏頭薫(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

    メンバー構成

    人数
    合計は70人程だが、稼働メンバーは40人くらい。

    学年
    2021年度は1年生が26人。各学年15人前後。

    執行代
    2年生(1年生の1月1日~2年生12月31日)

    体制
    システムとしては、弁論部というサークルの中に「〜部会」という名の複数のサークルが存在するメタサークル的な形態をとっている。
    特に弁論、ディベートの部会は常設され、部長及び弁論担当者、ディベート担当者のもと、弁論・ディベートの練習などの活動を行う。
    部会は「議論空間の形成」という弁論部の趣旨に沿う活動でさえあれば自由に立ち上げることができる。そのため、常設の弁論・ディベート以外にも部員有志によりさまざまな部会が立ち上げられている。ex.)政治哲学部会、分析哲学部会、漢文部会、読書部会、弁論を語る部会、ディベート理論検討部会など。

    男女比
    2割程度

    加入時期
    5月

    属性
    ・文一メインだが、他の科類の学生もたくさんおり、理系部員もいる。
    ・政治、文学、倫理学、分析哲学など諸学問に関心の高い人(いわゆる”ガチプロ”)が多い。
    ・高校からのディベート経験者も多いが、活動をしていればすぐに大差無くなる。
    ・初心者も歓迎。
    ・弁論経験者はそもそも稀。
    ・半分以上の人が兼サーしており、牧原ゼミ、高山ゼミ、瀧本ゼミといったゼミや現代国際法研究会、UTDS、東大ESSといったディベート関連のサークルとの兼サーも多い。

    活動実態

    1年間でどのくらいのメンバーが活動から離脱してしまう?
    40-60%

    メンバー間でコミット量の差はどのくらいある?
    それなりにある

    遊びや打ち上げにしか来ないメンバーもいる?
    多少在籍している

    活動頻度

    活動は全て任意参加なので基本的に部員の意向次第。その上で、各活動に参加した場合の一般的な例を挙げる。
    ディベート:調査型ディベートでは、大会の1ヶ月前から週に1〜3回ほど部内や他大のディベートサークルと練習試合を行う。また即興ディベートでは、月に2回程度試合を行い、大会に出場している。(1試合あたり1.5時間程度)
    弁論:弁士の都合にもよるが大会1カ月ほど前から週に1回ほど弁論の練習を行う(1回あたり2時間程度)。弁論大会には年間を通して10回ほどITBから弁士が出場するが、個々の大会への出席は自由である。

    年間予定

    4月:新歓※1
    5月:五月祭にて弁論大会 (2年生メイン、他大も参加)
    5月:ディベート新人大会の準備 (大会に向けた資料集めなど)
    6月:ディベート新人大会 (1年生が出場)
    6月:弁論新人大会(〃)
    8月~10月:大会に向けた準備
    9月:秋合宿 弁論大会(部内)(1年生が出場)
    11月:駒場祭※2
    12月:総長杯(弁論大会)を主催
    12月:冬合宿 部内の弁論大会(誰でも参加可能)
    3月:春合宿 4月の新歓のモデルディベートの確認、卒業される先輩方との交流

    ※1:新入生参加型の政治学、文学、フェミニズムなどの読書会を開催。新歓合宿も開催予定。
    ※2:企画は毎年1年生が自由に決定する。一昨年はディベート教室、昨年は現職衆議院議員を招いた講演会を開催した。

    募集情報

    選考なし

    募集対象
    全学年

    実際に入会する人
    1年生が多い。

    入会手続き内容
    入部書類書いて部費を払ったら入会。新歓時期を限定しておらず、いつでも入会可。

    内部のホンネ

    ○魅力

    ・いかなる活動についても参加は完全任意であり、一切の強制はない。
    ・メンバーがみな論理的であり、このような人たちと議論できる空間は貴重。誰も絶対に人の意見を頭ごなしに否定しない。
    ・自分の好きな分野について議論してくれる、様々な分野への関心が深い人が多い:普段好きなことがあってもそれについてじっくり議論できる場はないが、自分の話したいことにとことん付き合ってくれる仲間がいる。
    ・自分で自主的に論文読むのは大変だが、仲間と一緒に読書会やゼミ形式にすると動き始められる。



    △大変なところ

    ・周りに優秀な人が多くて日々コンプレックスに悩まされる(これが頑張るモチベになる。魅力の裏返し。)。
    ・各競技にストイックに向き合おうとすると努力量が多く、少し大変かもしれない。

    新歓日程詳細

    2022年度の新歓日程については随時更新予定。

    最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
    最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

    1. 公式LINEにてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!
    2020年度入学者用LINE
    2021年度入学者用LINE
    2022年度入学者用LINE

    2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

    記事内容修正依頼

    この記事をシェア

    関連カテゴリー

    ディベート・学術競技

    言語を問わず、ディベートを活動の一部に据えている団体。

    法・政治

    法・政治・政策・国際政治などのテーマを元に、学術的・実践的な活動を行う団体。

    関連サークル

    東京大学 アマチュア無線クラブ

    東大唯一の「アマチュア無線」を扱う団体。電波の送受信設備を自ら整備している。

    東京大学 現代国際法研究会

    国際法に関する知識を習得し、国際法模擬裁判大会に出場する団体。

    UTDS(東京大学英語ディベート部)

    普段の練習や大会参加を通じて英語即興ディベートに取り組む。

    BIOMOD TeamTOKYO

    BIOMODという分子ロボティクスの国際コンペに出場する団体。

    今読まれている記事

    推薦合格者必見!合格後の流れ

    東大 推薦 合格後の流れ

    東大推薦合格者必見!推薦入学の手続き

    東大 推薦 入学手続き

    東大推薦合格者必見!二外・TLP手続きには要注意

    東大 推薦 二外

    FLYプログラム概要

    新入生向け 海外 プログラム

    その他

    学生団体・サークル紹介

    団体理念、活動内容の側面で厳選した団体の質の高い情報を掲載中。

    ゼミ紹介

    1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

    学部/学科紹介

    内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、全学科の情報を掲載中。

    プログラム/施設紹介

    学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

    記事

    UTokyoWiFiの使い方や、図書館利用法など大学生活で役立つ多岐にわたる情報を掲載。

    公式note

    サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。