東京大学
アマチュア無線クラブ

アマチュア無線

無線

コンテスト

東大無線部

電子工作

工学

東大唯一の「アマチュア無線」を扱う団体。電波の送受信設備を自ら整備している。

目次

    基本情報

    執行代

    3年生

    人数

    20名ほど

    選考情報

    なし

    年会費

    なし

    活動頻度

    週に一回程度、部会が行われている。(コロナ禍でも)

    Twitter

    https://twitter.com/JA1ZLO

    公式サイト

    http://ja1zlo.u-tokyo.org/

    活動の様子


     

     

     

    概要

    ■理念/指針・沿革

    理念/方針
    コンテストでの優勝を目指して無線通信技術を磨く。
    アマチュア無線の設備の点検・工作を通じて高周波技術・無線工学・電気電子工学の知識を深める。
     
    沿革
    アマチュア無線クラブは1966年に設立されて以降、現在まで細く長く続いている。
    コンテストでの優勝はもちろん、無線技術・コンピュータ技術の発達とともに新たなことに挑戦し続けてきた。
     

    ■活動内容

    《ビフォーコロナ》
    東京大学アマチュア無線クラブは、東大唯一の「アマチュア無線」を扱っている団体である。電波を送受信する設備を自分の手で整備し、電波を使って世界中と交信することができ、制限時間内にどれほど多く交信できたかを競う「コンテスト」に参加することで、日々腕を磨いている。また、有志を募り山登りをして山頂から電波を飛ばす「移動運用」を年に数回行っている。
     
    電波を送信するためには「アマチュア無線技士」という資格が必要となるが、小学生でも取れるほど資格の取得は簡単で、大学に入学してから資格を取得しアマチュア無線をはじめた部員がほとんどである。
     
    部室には工作や整備のための工具や測定器が充実している。電子工作やプログラミングを趣味とする部員も数多く在籍し、工作をしたり、電子機器をいじったり、ソフトウェアを作ったりと各自好きなように部室を利用している。本郷と駒場両方に部室を持つ数少ない団体の一つ。
     
    《ウィズコロナ》
    部室に集まる機会があまりなく、オンラインで勉強会を行っていた。
    2021年度は、感染症対策をしつつ、徐々にオフラインでの活動を再開していく方針である。
     

    ※2022年度の対面活動再開の見通し
    部室の入室制限が緩和し次第対面部会を再開。大会は対面で参加。
     

    ■OBOGの進路/活動 

    〈進路〉
    メーカーに就職する人が多い。

    メンバー構成

    人数
    20名ほどが在籍。アクティブメンバーは15人ほど。

    学年
    1年生から大学院生、研究生まで。各学年2,3人ほど。

    執行代
    3年生

    体制
    毎年、代表・会計・新歓担当の3役を選出し、それ以外はタスクの量に合わせて役職を作っていく。

    男女比
    10:0

    加入時期
    新歓期(4~5月)に入る人が多いが、年中加入することができる。

    属性
    ・理系が多いが、文系の部員も少なからず在籍。

    活動実態

    1年間でどのくらいのメンバーが活動から離脱してしまう?
    およそ30%

    メンバー間でコミット量の差はどのくらいある?
    多少はある。

    遊びや打ち上げにしか来ないメンバーもいる?
    多少在籍している。

    活動頻度

    通常活動
    ・週に一回、部会を行って情報共有や今後の方針の決定を行う。
    ・また、年に数回行われるアマチュア無線のコンテストに参加する。(コロナ期間中は部室に入れなかったため、コンテストに参加できなかった。今年度は少しずつコンテストに参加して行けるようにしたい。)
    ※部会日程等の詳細はメールで問い合わせてください。
     
    コンテスト/イベント前後の期間
    コンテスト前日に設備をメンテナンスを行う。

    年間予定

    ・一年を通じて複数回開催されるアマチュア無線の大会に参加する。
    ・また、6月には他大学の無線部との交流会が行われ、他大学と親睦を深める。
    ・年に一回ハムフェアと呼ばれるアマチュア無線のイベントに参加し、OB等と交流をする。(アフターコロナではハムフェアが開催されず、OB等との交流会はオンラインで開催した。)

    募集情報

    選考あり/選考なし
    選考なし

    募集対象
    全学年

    実際に入会する人
    1年生が多いが、2年生も3割ほどいる。

    入会手続き内容
    全学年歓迎、他大生歓迎。
    入部希望者は部の情報登録フォームへ必要事項を記入のうえ、部会に一回出席の後slackに入って入部となる。

    内部のホンネ

    ○魅力

    ・駒場と本郷両方に部室がある
    ・好きな分野に特化して自由にできる
    ・その結果いろんな分野の人がいる
    ・部会の日程に関係なく、活動したいときに活動できる
    ・無線のコンテストという他にない体験ができる
    ・秋葉原、電子工作に詳しくなれる



    △大変なところ

    ・男女比10:0
    ・部室が散らかっている
    ・コンテストで徹夜をすることもある

    新歓日程詳細

    4/24 コンテスト見学会(ALL JAコンテスト)

    最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
    最後に2点、この記事を作成したUT-BASEからお伝えしたいことがあります。

    1. 公式LINEにてイベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。ぜひ登録してみてください!
    2020年度入学者用LINE
    2021年度入学者用LINE
    2022年度入学者用LINE

    2.我々UT-BASEは、 質問箱 を開いています。学生生活で気になるところ・不安なところがあればここから気兼ねなくご質問ください!

    記事内容修正依頼

    この記事をシェア

    関連カテゴリー

    自然科学(生物・理工・医・薬)

    自然科学に魅力を感じ、それらへの理解を深めていく団体。

    ディベート・学術競技

    言語を問わず、ディベートを活動の一部に据えている団体。

    関連サークル

    東京大学EVフォーミュラ(UTEF)

    学生フォーミュラ日本大会出場を目指し、EV作成の製作、加工作業や勉強会等を行うものづくりサークル

    inochi WAKAZOプロジェクト

    ヘルスケア問題に対するイノベーティブな課題解決方法を考案する学生プロジェクト。

    iGEM UTokyo (iGEM東大)

    iGEMは生物版ロボコンの世界大会。生物を遺伝子を介してプログラミングし、課題解決する。

    RoboTech

    NHK学⽣ロボコン、ABUロボコンで優勝を⽬指すサークル。

    今読まれている記事

    推薦合格者必見!合格後の流れ

    東大 推薦 合格後の流れ

    東大推薦合格者必見!推薦入学の手続き

    東大 推薦 入学手続き

    東大推薦合格者必見!二外・TLP手続きには要注意

    東大 推薦 二外

    FLYプログラム概要

    新入生向け 海外 プログラム

    その他

    学生団体・サークル紹介

    団体理念、活動内容の側面で厳選した団体の質の高い情報を掲載中。

    ゼミ紹介

    1・2年生向けのゼミ・経済学部生向けゼミを掲載中。自主ゼミ掲載も募集中!

    学部/学科紹介

    内部生からの一次情報と、履修や諸制度を網羅した、全学科の情報を掲載中。

    プログラム/施設紹介

    学内外のプログラム、東大生が利用可能な施設を紹介。

    記事

    UTokyoWiFiの使い方や、図書館利用法など大学生活で役立つ多岐にわたる情報を掲載。

    公式note

    サイトでは紹介しきれない履修情報、インターン・サークルの選び方、おすすめ資格など多岐にわたる記事を掲載中。